退職を伝えるのが怖い貴方に!勇気が出る俺の体験談【上司・人間関係】


この記事はこんな人に向けて書いています。

 

  • 職場の環境に居辛く、退職を決めているが伝えるのが怖い人
  • 上司に言い出す勇気が持てない人

 

 

どうも!転職・副業に1歩踏み出すブログ「フク業」管理人SOです。

 

退職を伝える事って大きなプレッシャーを伴いますよね

職場の労働環境、人間関係がよくなかったり、

とりわけ上司と上手くいっていない状況で退職を伝える事はホントに怖いです。

 

 

僕も理由は様々ですが、10回転職を経験しその中で退職を伝える怖さも経験しています。

その気持ちは痛いほどわかります。

 

 

しかし結論から言えば大丈夫!

今日は僕の過去の体験等をもとに、退職を決心しながら伝えるのに勇気持てない人へ

勇気が出るよう、記事を書いていこうと思います。

 

 

退職を伝えるのが怖い!勇気が持てない要因は?

退職を伝えるのが怖い人は、多くの場合その環境に居辛さを感じていると思います。

  • 仕事で上手くいかないことが続き、上司や周りと接しづらい
  • 人間的にソリが合わず溝が深まった。
  • 労働環境が合わない

 

色々あるとは思いますが、いずれにせよネガティブな状況に陥り、

自分の行動に自信が持てなくなっている状態な事が多いです。

 

 

そんな中で退職を伝えたら

  • 退職を伝えることで上司から色々言われるんじゃないか
  • 仕事を抜けることによって迷惑をかけるんじゃないか
  • 辞めるまでの間、周りから嫌がらせを受けるんじゃないか
  • 次の仕事が決まってない場合、先が見えなくて怖い

など、要因をあげればキリがない。。

 

ただでさえ上手くいっていない環境で退職の意思を伝える事はホントに怖いです。

でも伝えるポイントさえ押さえれば大丈夫、勇気を持てます!

そんなポイントを、色んなケースとりあげながら見ていきましょう!

 

 

1.上司に言い出すのが怖い

退職を決意する上で伝えるのが怖い時って、このケースが大半だと思います。

退職を伝えるのに絶対避けて通れないが、一番伝えづらい相手ですからね。。

 

 

もちろん僕もそんなケースに直面したことが何度かあります。

今日こそは上司に退職届を持って伝えよう!と決意しながら、いざその場面に立つと

右往左往してしまい、一週間が過ぎ去った、、なんてこともありました。

 

 

ですが、不思議な事に退職を伝えて上司と揉めたことはほぼありません。

それが退職を伝える少し前でさえ怒鳴られたりするような上司であっても、です。

 

 

上司が考える事は退職する貴方への憤慨、ではなく会社が円滑に回る事

このような時、上司(もとい会社)が考えている事は

会社が円滑に動く為にはどうすればいいか。

という事です。

 

 

なのでこちらが常識に反した事や、変に逆撫でしない限りは、

上司は意外と冷静に対処してきます。

 

 

勿論引き止めなどを行う事はあるかもしれませんが、

上司は退職問題に向き合う事も自分の仕事と理解していますし、

ガミガミ揉めたところでそれは会社の不利益に繋がりますからね。

 

 

その点を踏まえて、こちらが取る行動で大事な事は、

  • 業務の引き継ぎ
  • 退職時期

 

これらを

できるだけ会社の業務に穴を空けないように歩み寄って遂行する姿勢を見せること。

やむを得ない場合を除けば、このような姿勢で臨めば、滅多な事で揉めることはないでしょう。

話してみたら意外とすんなり抱えていた問題が解消された、という事になると思います。

 

その時に考えるポイントとしては

  • 自分の理想の退職時期を考えておく
  • 会社の望む退職時期を探る
  • 上司との会話や雰囲気で、自分の理想の退職時期を伝えられるか、会社の望む時期も検討して刷り合わせるか判断する

こんな感じで選択肢を持っておくと良いと思います。

 

■ポイント

  1. 退職を伝える時には、引き継ぎと退職時期に関して歩み寄る姿勢が大事
  2. 退職時期に関して選択肢を持っておく

 

 

嫌味を言われたとしても、その時には気にならない心理状態になっている

退職を伝えるのが怖い要因として、何か言われる事に抵抗がある事も大きいと思います。

しかし、もしも多少の嫌味などを言われたとしても問題ありません。

なぜならあなたは退職を申告できた時点で、

 

 

嫌味を言われる辛さ    退職を伝える事の出来た達成感

 

 

こんな心理状態になります!これは絶対!

これまで退職を伝えられなかったことで、あなたは本当に色々悩んでいたと思います。

普通だったら考えない様な細かい事まで考えて不安でしょうがなかったと思います。

しかし、退職を伝える事は悩みから全て解放される事を意味します。

 

  • 今までの悩みからの解放
  • 恐怖を乗り越えた達成感
  • 辞めるまでの期日がハッキリする

その時の解放感は本当に大きいです。

多少の嫌味は全然聞き流せる状態になっていると思います。

 

注:明らかに深刻なパワハラを受けている場合などは、この限りではありません、
この場合は労働相談窓口、人事部等に相談してください。

 

 

 

 

 

2.仕事を抜けることによって迷惑をかけるんじゃないか?

あなたは自分が退職する事によって周りに迷惑をかけてしまうと感じ、

自責の念から退職を伝えづらいようなケースも比較的多い理由だと思います。

 

 

確かにあなたが辞めることによって、一時期は周りに負担がかかるかもしれません。

しかしそれはあくまで一時期の事です。

 

 

周りの事は心配しなくても大丈夫!必要なのは引き継ぎ。

あなたが行っていた業務は周りの誰かが引き継いだり、欠員を補充するなりして、

数か月もすれば何事もなかったかのように会社はキチンと回り続けます

 

 

僕の場合、担当する業務をこなせる人間が自分1人しかいないという

職場で勤務していた事があります。

その時ですら、僕が抜けた後も会社は回っています。

 

 

もし自分一人が抜けて大崩れするような会社であるならば、

むしろそんな会社にいる事自体が危険だと思った方がよいでしょう。

 

 

ただ、ここでも大事な事は、出来るだけ周りに負担のかからないよう、

  • 周りに引き継ぎをする
  • 引き継ぎ資料を作成しておく

 

退職の準備をきちんとしておきましょう。

ここさえ抑えておけば、周りから嫌がらせを受けることもほぼありません。大丈夫です。

 

まとめ、適切なポイントを押さえれば退職を伝える事は怖くない

最後にポイントをおさらいしておきましょう!

  • 上司が考えているのは会社の経営に穴が開かない事
  • 引き継ぎや退職の時期をすり合わせる事が大事
  • 辞める旨を伝えた後は解放感が絶対に勝る
  • 会社は一人抜けたくらいでは問題ない

また、退職を決意したならば、

転職活動に向けて準備する5つのポイント」も合わせて載せておきます。
退職を上司に伝える事は勇気がいりますが

上記のポイントさえ押さえれば、決して怖くはありません。

冷静に対処し、次のステップへ移れるようがんばりましょう!

 

 

また退職を決意したら、できるだけ早く、

転職サービス(エージェント、サイトなど)に登録もしておきましょう。

理由はこれらに登録して置く事でいつでも転職へ動き出せるという

心の余裕が生まれるからです!

 

特にエージェントは

  • あなたに変わって求人を見つけてくれる
  • 転職に必要な段取りを代行してくれる

登録するだけで自分が動かずとも転職活動を代行してくれますから、効率的ですしね。

 

 

以下に評判の高い無料転職サービスやホワイト企業を探すコツ等をまとました。

自分に合ったサービスを活用しましょう!