仕事・脱社畜

退職の伝え方。切り出し方はメールでもOK!伝えるタイミングも伝授!


この記事は主に以下のような方に向けて書いています!

  • 正社員で今の仕事の退職を考えている人
  • 退職をスムーズに伝える為の流れが知りたい人
  • 退職を伝えるタイミングや切り出し方が知りたい人
  • 退職を伝える際の準備が知りたい人
  • 退職を決断できる勇気が持ちたい人

 

今の会社を退職する決心はできた、あとは会社に伝えるだけ。

しかし退職の意思を伝えるには

 

  • 切り出し方が分からない
  • 退職をどのように伝えたらよいかわからない
  • 退職理由はどうすればいいのか?
  • 退職を伝えた後に、退職日まで気まずくなったらイヤだ!

色々と悩んでいるのではないでしょうか?

 

僕も初めての退職の際はかなり色々悩みました。

この記事では退職の伝え方を出来るだけスムーズに行えるように僕の経験も交えたコツを書いて行こうと思います!

退職のポイントは

  • いつ切り出すのか
  • どのような手段で切り出すのか
  • どのように退職を伝えるのか

以上3つとなります。

円満退職の為に参考になるかと思いますので、5分程度お付き合いくださいませ!

 

退職を伝える最適な時期的タイミングは1~2か月前

まずは退職を伝えるタイミングについて。

退職を伝える時期については、円満退社を目指すなら1~2か月前に伝えるのがベストです。

民法では2週間前に退職を伝えて辞める事ができると定められていますが、実際の所は抜ける社員の穴を埋め合わせる為

  1. 後任探し
  2. 業務の引き継ぎ

以上の2点を行う必要があり、これをスムーズに済ませるには通常「1~2か月」の時間を要する為、多くの会社では就業規則に退職は同程度の期間を定めていたり、退職相談時に退職時期の相談を持かけられる事があります。

この場合は円満退職を目指すならば、可能な限り会社の意向を尊重して退職期間を検討する事が望ましいです。

民法を盾に強引に退職を勧めてしまうと、あなたが同業種に転職した場合に悪い影響を及ぼしてしまったり、悪質な会社の場合、退職届を簡単に受理せず、期間が逆に伸びてしまったり、その期間嫌がらせを受ける可能性が発生します。

 

早く辞めたい所だとは思いますが、トラブルを避ける為にも相手の出方を退職時期は相手の出方を伺い、こちらの希望が通る様なら通し、相手が時期の交渉を持ちかけてきたらある程度柔軟な態勢を取れるようにしておきましょう。

これは僕の経験側ですが、どんなに長くても退社を2か月以上先延ばしする企業はありませんから、最大でも少しの辛抱で辞める事は可能です。

 

止むを得ない時は2週間前でも退職しよう

しかし職場の環境が原因で心身の健康を著しく損なわれそうだと感じた時は例外。

一度鬱や適応障害になってしまうと、その後の人生に大きな支障を与えてしまうため、2週間だろうが翌日だろうが構いませんので、一刻も早く会社を辞めましょう。

僕は鬱になって会社を退職した知人を何人か知っています。彼らはみんな今では社会復帰していますが、復帰までに数年の時間がかかりました。

そして皆一様に「鬱になるくらい我慢して得られる物は何もない、限界を感じる前に1日でも早く辞めておけば良かった」と言っていました。

病院で診断書を貰って翌日から休むのも良いでしょう、また今は2週間で退職する為の色々な方法もあります。

以下の記事も参考に一応載せておきますね。

 

 

ブラック企業を一言も話さず2週間で辞める方法。

 

 

繁忙期は避ける

可能であれば繁忙期は避ける事。

ブラック企業の中には繁忙期に退職表明を切り出しても取り合って貰えず後回しにされたり、最悪な場合は切り出した事を忘れられたりする場合もあります。

せっかく勇気を振り絞って退職を切り出したのに、忘れられてもう一度お伺いを立てなければければならないのは結構精神的に辛いですよね。

もっと酷いケースでは、繁忙期中の退職を切り出す事で会社の逆鱗に触れ、逆に退職させない様な嫌がらせを受けたり周りの社員からのいじめに遭う危険もあります。

 

マストではありませんが、可能であれば退職時期が繁忙期は避ける事をお勧めします。

翻って、年度末や、ボーナス後、年末年始や夏季休暇などの節目は一般的に退職を伝えやすい時期となります。

 

豆知識:退職は金曜日に伝えると良い

カレンダー通りに営業している企業に限れば、退職を伝える曜日は金曜日が良いです。

理由は退職の意思を伝えた後は土日休みを挟む事になるので、退職を伝えた側も会社側も気持ちを整理する時間が取れるため、翌週から落ち着いた状態で顔を合わせることができるからです。

特に退職者にとっては退職を伝えた後の業務は気まずい気持ちになる事もあるでしょう。

そのため気持ちをリセットしやすい金曜日に退職を伝える事は精神面を安定させて今後の仕事に臨むうえでも非常に有効です。

 

■ポイント

  1. 退職は最短2週間前でもOK
  2. 1~3か月前に伝える方が一般的には理想的
  3. 繁忙期は避ける、退職を伝えるなら閑散期
  4. 年度の区切りや、年末、GW、ボーナス月、人事考課の面談時などは比較的伝えやすい
  5. 退職を伝える曜日は金曜日が有効

 

 

退職の切り出し方

それでは退職を切り出すときの切り出し方について書いていきます。

まず、切り出す相手はあなたの直属の上司に伝えます。

この経路を飛ばして上の役職者に切り出してしまうと、貴方の直属の指揮命令者の上司との関係がこじれ、退職までの話がややこしくなる場合がありますので、基本的には直属の上司に伝えてください。

 

そして退職の意向はその場では伝えず、上司と2人で話せる機会を作ってもらい、そこで伝えるのが常識的なマナーとなります。

その為にまずはアポを取る必要がありますが、切り出し方はいきなりストレートに「退職したい 」とか「今後の進展 」という直接的なワードは避けましょう。

直接的な表現は上司の警戒心を煽るだけでなく、面談までに引き留めの策を用意されたりする可能性があります。

適切な表現としては

相談があるのですが、少々お話するお時間をどこかで作っていただけないでしょうか

このようなオブラートに包んだ言い方がベスト。柔らかい表現を使う事を心がけましょう。

 

直接話して切り出しずらい環境ならばアポ取りはメールでもOK

上司にアポ取りをする際、他の社員同士が密集しているような環境でその場では切り出しにくい場合には切り出し方はメールでも問題ありません

その時も直接的な表現は避け、「相談がある」という形で送ってください。

なお、アポ取りの切り出しはメールでもOKですが、退職の意思を伝えることは直接話してくださいね!

 

■ポイント

  1. 切り出す相手は直属の上司
  2. 話す場所は個室で2人きりで話せる所
  3. アポ取りの段階で「退職」「進展」などの直接的な言葉は避ける
  4. 切り出し方は「相談」という表現を使い、日時をきちんと伺う

 

 

退職を伝える勇気の持ち方

この記事を読んでいる方の中には、切り出しのノウハウの他に、退職を伝える勇気が持てずに悩む方もいるでしょう。

上司に激昂されたり、退職まで会社に居づらくなる事を想像すると躊躇しますよね。ブラック企業に勤めていたらなおさらです。僕も過去に非常に悩みました。

そんな方に向けて勇気を持つための僕の体験談を別記事で書いています。

それを読めば退職を切り出す時に会社や上司が何を考えているかがわかり、勇気が持てて切り出しやすくなるかと思いますので良かったら合わせて読んでみてください。

 

退職を伝えるのが怖い貴方に!勇気が出る俺の体験談【上司・人間関係】この記事はこんな人に向けて書いています。 職場の環境に居辛く、退職を決めているが伝えるのが怖い人 上司に言い出す...

 

理由はどのように伝えるか?本音と建前も大事

ここから退職理由を円満に伝えるコツについて説明します。

まず理由としてNGなのは、会社の不平不満をストレートに話す事。

退職したい人の中には不満をぶちまけて辞めたい人もいるでしょう。

気持ちはわかる所なのですが、このような理由は反感を食らう事は勿論、相手が退職に非協力的になったり、理由が自社にあるという事で根掘り葉掘り聞かれた挙句に退職をさせないような算段を取られてしまう事にもつながります。

退職は本音と建て前を上手く使い分ける事が肝心、不満を漏らすメリットは1つもないので、胸の内に秘めておきましょう。

 

理由は個人的な理由がベスト

退職の意思を伝える上で重要なのは、相手に引き留める事ができないような個人的な理由がベストです。

例に挙げると

  • 家庭の事情(家業を継ぐ、親の介護など)
  • やりたい事があり、その道へ進んでいきたい
  • 自分で事業を始めたい
  • 遠い所に引っ越す

この辺りでしょうか。

 

こういう個人的な事情の場合、その真偽は別としても上司が突っ込んでくること余りありません。退職に波風が立たないような理由をできるだけ簡潔にまとめて伝えることがポイント。大切な事はお互いが納得する事です。

 

既に退職意思が固まっていることも同時に伝える。

また、退職の理由を伝えると同時に退職意思が決定している事も伝えていきます。

具体的には

理由を述べたのち、O月O日付て退職させていただきたく、その為の調整を相談させていただきたく思っております。

既に退職を前提にした話で進めていきます。

 

ここで上司に意見を伺うような形を取ってしまうと、大体の場合退職の引き留めに遭ってしまいます。

毅然と退職の意思を伝え、相手にも退職する事を前提とした話を刷り込ませてこちらがイニシアティブを取って話を進めていく事が肝心です。

 

それでも引き留めにあった場合は引き留めてもらった部分には感謝の意をしめしつつも、退職の意思は固い事を伝えてください。

重要なポイントは「話を長引かせない」事。

退職事は30分位で終わらせるつもりで、「毅然と」「簡潔に」物事を進める事を意識して臨みましょう。

 

  • 退職の理由に会社の不満は持ち出さない
  • 理由は個人的な事がベスト
  • 毅然とした態度で退職の意思は固い事を伝える
  • 退職を前提とした話をこちら主導で進めていく

 

 

退職後の準備をする事も重要

退職は大変労力のいる活動ですが、退職後に次の仕事が決まっていない場合は本当の戦いは退職した後の転職活動です。

退職して一番の恐怖は生活費を稼げなくなる事ですよね。

従って退職前に次の仕事を見つけておくのがベストなのですが、それが困難な状況の場合、大切なのは退職までに転職の準備を充分にしておく事。

具体的には「キャリアのブラッシュアップ」「次の方向性を決める」「転職サイトに登録しておく事」などですね。

これをしているか否かで心の余裕が全然変わりますし、更にいうとこの余裕が退職を切り出す勇気にもつながります。

 

そこで役立つのが、転職活動における専属トレーナー的な立場となる転職エージェントです。

転職エージェントは

  • プロのカウンセラーによるキャリア相談
  • 書類添削、面接指導
  • 相談の内容を元にした適切な求人の紹介
  • 転職に必要な段取りの代行

こんな事を行ってくれる転職サービスです。

登録はもちろん無料、所要時間も5分程度で済みますので、必ず1つは利用しましょう。

こちらに僕が今までに登録して実際に使ってみて優良だと感じたエージェントをまとめたので、自分のニーズに合う物を探してみてください。

 

土日面談OK!親身な転職エージェントおすすめ5選。在職中に準備しよう。在職中の転職活動って本当に大変ですよね。 仕事のプレッシャーと並行して進めなければいけない上に、拘束時間の長い職場だと時間のねん出...

 

まとめ、退職は適切なポイントを抑えれば難しくない

最後にもう一度おさらいしていきましょう。

  • 退職を伝える時期は退職から1~3か月前がベスト
  • 繁忙のタイミングはできるだけ避ける
  • 曜日は金曜日が理想
  • 切り出し方はメールでもOK
  • 辞める理由は個人的理由、会社の不満は持ち出さない
  • 話は辞める前提で、長引かせずに進める
  • どうしても退職できそうにもなければ退職代行に相談するのも手

という感じですね!

退職の伝え方は悩む所ですが、上記のポイントを押さえていけば、スムーズに伝えられると思います。

あとは、伝える前に、十分に鏡の前(じゃなくてもいいですけどw)で実際に喋ってシミュレーションをしておくと良いと思います。

 

また、退職を決意したならば「転職活動に向けて準備する5つのポイント」も合わせて載せておきます。

スムーズに退職をしたいと考えている人へ、今回の記事が役立てたら幸いです。

それでは!

 


ABOUT ME
syo
転職10回を経験した兼業アフィリエイター、本職はWEBをメインとしたデザイナーをしています。
こんな記事もおすすめ