仕事・脱社畜

退職の伝え方。切り出し方はメールでもOK!伝えるタイミングも伝授!


この記事は主に以下のような方に向けて書いています!

  • 正社員で今の仕事の退職を考えている人
  • 退職をスムーズに伝える為の流れが知りたい人
  • 退職を伝えるタイミングや切り出し方が知りたい人
  • 退職を伝える際の準備が知りたい人
  • 退職を決断できる勇気が持ちたい人

 

今の会社を退職する決心はできた、あとは会社に伝えるだけ!

ですが、退職の意思を伝えるには

 

  • 伝え方やタイミングはいつ、どこで?
  • 切り出し方はどうすればいいのか?
  • 退職理由はどうすればいいのか?
  • 退職を伝えた後に、退職日まで気まずくなったらイヤだ!

 

色々頭を悩ませることは多いと思います。僕も初めての退職の際はかなり色々悩みました。

今日はそんな退職の伝え方を、出来るだけスムーズに行えるよう、僕の経験も交えたコツを書いて行こうと思います!

少し長い記事ですが、円満退職の為に本当に必要な事を書いていますので、是非じっくりとお読みください。

 

退職を伝える最適な時期的タイミングは1~2か月前

まずは退職を伝える時期について。

円満退社を目指すなら1~2か月前に伝えるのがベストです。

 

正社員は法律上、退職日を希望する日から最短2週間前 までに退職意思を伝えれば退職する事が可能です。

なので会社を辞めようと思えば2週間前に退職願いを出せば退職はできますが、会社はあなたの抜けた穴を埋め合わせる為、

  • 後任探し
  • 業務の引き継ぎ

以上の2点を行わなくてはなりません。

そしてこれを行うには通常は大体「1~2か月」の時間を要します。

 

そこであなたが2週間で辞められてしまうと、会社にとって大きな負担がかかってしまう為、「引き止めに合う」「辞める事が出来ても会社となんらかトラブルになる」可能性が高く、下手に揉めてしまうとあなた自身が不利な状況に立たされてしまう可能性があります。

なので円満退社を目指すには時期に余裕を多少持たせ、1~2か月程前 に退職を伝える事が望ましいです。

2週間前での退職は止むを得ない時のみとしましょう

前述の通り、退職は本来ならば法律で定められた2週間前に伝えれば文句も言われないハズなんですが、実態としてはなかなかそうはいきません。

ここが日本の社会のおかしな所だと思いますが、円満に退職するならば会社とはこういうものと割り切り、2週間前というケースはどうしてもやむを得ない事情に限った時の手段にしましょう。

ただ、心身の健康が著しく損なわれそうだと感じた時は一刻も早く辞めましょう。

体は資本ですからね。

 

 

 

 

繁忙期は避ける

次に、可能であれば繁忙期は避ける事。

繁忙期は余裕がなく、退職表明を切り出したとしても

取り合って貰う事が出来ず後回しにされたり、最悪な場合は切り出した事を忘れられたりする場合もあります。

せっかく勇気を振り絞って退職を切り出したのに、忘れられたもうお伺いを立てなければければなりません。これって結構精神的に辛いですよね。

また、最悪にブラックな企業だとは、繁忙期中の退職の切り出しに対して怒りを買い、逆に退職させない様な嫌がらせを受けたり、退職が周りに明るみとなり、その後の社内生活が送り辛くなってしまう危険性もあります。

まぁハッキリ言ってそんな会社は翌日に内容証明郵便でも叩きつけて2週間欠勤→退職みたいな形ですぐにでも辞めた方が良いですが。

なかなかそんな強硬姿勢で辞められない事情もありますもんね。

 

なので退職を考える時はなるべく繁忙期は避けられた方が良いです、

逆に言えば、その時期を除けば問題はありません。

 

豆知識:退職は金曜日に伝えると良い

営業がカレンダー通りの企業に限って言えば、

退職を伝える曜日は、金曜日が良い と思います。

 

これは、金曜日に退職の意思を伝えた翌日から土日の休日を挟むことで、

退職を伝えた側も会社側も気持ちを整理する時間が取れるため、翌週から落ち着いた状態で顔を合わせることができるからです。

 

 

特に退職者にとっては、退職を伝えた後の業務は気まずい気持ちになる事もあるので、気持ちをリセットしやすい金曜日に退職を伝える事は精神面を安定させるにも非常に有効です。

 

■ポイント

  1. 退職は最短2週間前でもOK
  2. 1~3か月前に伝える方が一般的には理想的
  3. 繁忙期は避ける、退職を伝えるなら閑散期
  4. 年度の区切りや、年末、GW、ボーナス月、人事考課の面談時などは比較的伝えやすい
  5. 退職を伝える曜日は金曜日が有効

 

 

キツイのは退職してから、切り出す前に退職後の準備もしよう

退職の伝え方を書く前に、大事なポイントを1つ書いておきます。

この記事を見ている人なかには退職後の次の仕事が決まっていない人も結構いるではないでしょうか。

次の事が仕事が決まっていないとその後の生活に不安を感じ、どうしても退職を切り出す事を躊躇してしまうものです。

そして不安の通り、本当にキツイのは退職をしてから仕事が見つからない事です。

退職前に次の仕事を見つけておくのがベストなのですが、労働時間の多い仕事やブラック企業に勤めていたりすると、なかなか難しい場合もあるでしょう。

 

 

しかし一刻も早く今の会社を辞めたいほどあなたが退職を悩んでいるならば、次が見つかっていなくても退職をする選択肢は間違いではありません。むしろそうするべき。

うつ病など、深々の健康を崩してしまう事が一番最悪な事ですからね。

 

 

なのでここで大事な事は、転職エージェントなどに登録して次の転職活動を行う準備を必ずしておく事です。

転職エージェントは、登録をすればエージェントがあなたに代わって希望する求人を探してくれたり、必要な段取りを組んでくれるので、あなた自身に時間がなくても効率よく転職活動を進める事が出来ます。

また、次の仕事が見つかる可能性を増やす事で精神的な余裕ができ、この余裕が退職を切り出せる勇気を持つ事にも繋がります。

現状で次が見つかっていなければ、1つでも転職エージェントに登録しておくことは絶対必須です。

 

 

エージェントの登録は5分もあれば済む作業です。

人によっては5分の登録だけでも面倒だと感じるのかもしれませんが、たった5分で将来の可能性も精神的なゆとりも得られるんですからやらない理由はないですよね。

 

こういうのって後からあの時面倒くさがらずにちゃんと準備しておけば良かった!と後悔するものですがそういう時って大体追い詰められてるか手遅れな時です、今辛い思いをしているならば絶対にそんな気持ちは味わいたくないですよね。

そして次は絶対ブラック企業なんかに就職したくないハズ。

僕がお勧めする転職エージェントは「パソナキャリア」

パソナキャリア

パソナキャリアは営利企業でありながら「利益よりも顧客満足度を高める」という理念を掲げ、ブラック企業を厳しく審査している事や、エージェント1人が担当する登録ユーザーをなるべく少数にして、1人1人を手厚くサポートし体制を取っています。

その為、ユーザーの企業とのマッチング率や就職先の勤続率も非常に高い、ホワイト企業を探すなら最大手を使うのも大事ですが、ここは絶対に登録しておくべきです。

絶対にホワイト企業を見つけたいですからね。

パソナキャリアでホワイト企業を探す

 

退職の切り出し方。場所はどこで?ベストタイミングはいつ?

まず、退職を切り出す相手はあなたの直属の上司です。

そして上司と個室など、2人きりで話せる機会を作ってもらい

退職の意思を伝えていきます。

その為に、まず上司と話す機会のアポを取る必要があります。

 

切り出し方としては、

いきなりストレートに「退職したい 」とか「今後の進展 」という言葉で

直接的に表現してしまうと、上司の警戒心を煽ったり、

面談の時間までに引き留めの策を用意されたりする可能性が

高まりますので好ましくありません。

 

上司を身構えさせる事無く面談の機会を作ってもらうより適切な表現としては。

相談があるのですが、少々お話するお時間をどこかで作っていただけないでしょうか

このようにオブラートに包んだ言い方がベスト。

 

 

切り出しずらい環境ならばアポ取りはメールでもOK

上司に退職のアポ取りをする際、小さな会社や、他の社員同士が

密集している環境だと、周りに退職の意思を勘付かれてしまう可能性があります。

 

それを防ぐ為、退職相談のアポ取りの切り出し方はメールでも問題ありません

その際も退職の相談に関する直接的な表現は避け、「相談がある」という形で送ってください。

 

なお、アポ取りの切り出しはメールでもOKですが、退職の意思を伝えることは直接話してくださいね!

 

 

■ポイント

  1. 切り出す相手は直属の上司
  2. 話す場所は個室で2人きりで話せる所
  3. アポ取りの段階で「退職」「進展」などの直接的な言葉は避ける
  4. 切り出し方は「相談」という表現を使い、日時をきちんと伺う

 

 

 

また、退職を切り出すことに勇気が持てないという方は、こちらの記事も読んでみてください!

 

 

退職を伝えるのが怖い貴方に!勇気が出る俺の体験談【上司・人間関係】この記事はこんな人に向けて書いています。 職場の環境に居辛く、退職を決めているが伝えるのが怖い人 上司に言い出す...

 

理由はどのように伝えるか?本音と建前も大事

まず、退職理由を伝えるにもコツがあります。

 

理由としてNGなのは

辞めたい理由がどんなものであっても

会社の不平不満をストレートに話す事 」は退職意思を伝えた後の社内生活を円満に送る為にも避けてください。

 

 

理由は個人的な理由がベスト

退職の意思を伝える上で重要なのは、相手に引き留める事ができないような

個人的な理由がベストです。

 

例に挙げると

  • 家庭の事情(家業を継ぐ、親の介護など)
  • やりたい事があり、その道へ進んでいきたい
  • 自分で事業を始めたい
  • 遠い所に引っ越す

この辺りでしょうか。

 

 

こういう個人的な事情の場合、その真偽は別としても上司が突っ込んでくること余りありません。

退職に波風が立たないような理由をできるだけ簡潔にまとめて伝えることが大事 です。

大切な事はお互いが納得する事です。

 

 

既に退職意思が固まっていることも同時に伝える。

また、退職の理由を伝えたら、同時に退職意思が決定している事も同時に伝えていきます。

 

具体的には

理由を述べたのち、O月O日付て退職させていただきたく、その為の調整を相談させていただきたく思っております。

既に退職を前提にした話で進めていきます。

 

ここで上司に意見を伺うような形を取ってしまうと、

大体の場合退職の引き留めに遭ってしまいます。

毅然と退職の意思を伝え、相手にも退職する事を前提とした話を刷り込ませ、

退職をスムーズに進めていきましょう。

 

 

それでも引き留めにあった場合は引き留めてもらった部分には

感謝の意をしめしつつも、退職の意思は固い事 を伝えてください。

 

  • 退職の理由に会社の不満は持ち出さない
  • 理由は個人的な事がベスト
  • 毅然とした態度で退職の意思は固い事を伝える
  • 退職を前提とした話をこちら主導で進めていく

 

退職を伝える上での重要ポイントは「話を長引かせない」

話が長くなると、社内にも居づらい雰囲気にもなったり、

面倒事に巻きもまれたり、なにより自分の行く先が固まらず不安な中で

日々を過ごすことになってしまいます。

退職事は毅然と、できるだけ簡潔に物事を進める事を意識して臨んでみましょう!

 

 

まとめ、退職は適切なポイントを抑えれば難しくない

さて、最後にもう一度おさらいしていきましょう。

  • 退職を伝える時期は退職から1~3か月前がベスト
  • 繁忙のタイミングはできるだけ避ける
  • 曜日は金曜日が理想
  • 切り出し方はメールでもOK
  • 辞める理由は個人的理由、会社の不満は持ち出さない
  • 話は辞める前提で、長引かせずに進める
  • 次への転職の準備を必ずしておく

という感じですね!

また、退職を決意したならば、

転職活動に向けて準備する5つのポイント」も合わせて載せておきます。

 

退職の伝え方は悩む所ですが、上記のポイントを押さえていけば、

スムーズに伝えられると思います。

あとは、伝える前に、十分に鏡の前(じゃなくてもいいですけどw)で

実際に喋ってシミュレーションをしておくと良いと思います。

 

また退職を決意したら、できるだけ早く、

転職サービス(エージェント、サイトなど)に登録もしておきましょう。

理由はこれらに登録して置く事でいつでも転職へ動き出せるという

心の余裕が生まれるからです!

 

特にエージェントは

  • あなたに変わって求人を見つけてくれる
  • 転職に必要な段取りを代行してくれる

登録するだけで自分が動かずとも転職活動を代行してくれますから、効率的ですしね。

 

 

以下に評判の高い無料転職サービスやホワイト企業を探すコツ等をまとました。

自分に合ったサービスを活用しましょう!

僕の経験や書いた記事があなたの転職活動に少しでも貢献できれば幸いです。

 


ABOUT ME
syo
Tシャツと音楽をこよなく愛すクリエイターです
こんな記事もおすすめ