バカすぎるワンマン社長が借金踏み倒し未遂。俺のブラック企業ランキングトップの会社3話


どうも!転職・副業に1歩踏み出すブログ「フク業」管理人SOです。

僕は10回もの転職経験があり、ブラック企業もいくつか経験しています。
残業、理不尽な上司、パワハラ、色々な事がありましたが、その中でも断トツにブラッキーな企業を語るシリーズ。今日は第3話

 

 

シリーズははこちら

【1話】俺の入社したブラック企業ランキング。トップの飲食業が笑える位黒かった
【2話】担当外の仕事で地獄を見た、俺のブラック企業ランキングトップの会社
【3話】バカすぎるワンマン社長が借金踏み倒し未遂。俺のブラック企業ランキングトップの会社
【4話】電気代の支払いができない事で営業停止寸前。俺のブラック企業ランキングトップの会社
【5話】給与振込の遅れや未払いが遂に発覚!俺のブラック企業ランキングトップの会社
【6話】即退職、理由は上司が薬物・・俺のブラック企業ランキングトップの会社

 

 

ちなみに僕が思ったこの会社のブラック項目はこちら

  • 職種なんて無視!いきなり静岡まで車を運転させられその日のうちにトンボ返り
  • 即死必至!弁当配達デスマッチ
  • 【今日のPICK UP!】買掛金をシカト、あげくに開き直る
  • 公共料金も滞納しまくり、会社の電気を強引に止められる
  • 裁判所からの通知のはがきがバンバンくる
  • 給料が給料日に満額支払われない、分割払いの恐怖
  • 幹部が元シ〇ブ中

なかなかセンセーショナルな感じな項目もちょいちょいあるのではないでしょうかw

この会社は従業員にブラックな労働をさせるだけではなく、とにかく金がない企業で運営面にもブラックな面が多くありました、今回からはその運営についての暗黒面を紹介していこうかと。

では行ってみましょう。

 

 

買掛金をシカト、あげくに開き直る

この会社はファーストフードを扱う飲食業を営んでいるので、毎日食材の仕入れをしなければなりません。その役割は経理事務の僕が担当しており、毎日、翌日に必要な分の仕入れを掛けでネットから発注する業務を行っていました。

そんなある日もいつも通り、パソコンをカチャカチャ鳴らしながら発注業務を済ませ、終業も近づいてきたの細々とした残務を処理しようと取り掛かった所に一本の電話がかかってきました。

相手は仕入れ先の業者。僕は発注ミスでもしたのかな?と思い電話に出たのですが、どうやら様子が違う。

 

 

業者からの電話は、

 

現状で過去分の買掛金の支払いの確認が取れず、本日中に入金がないと、翌日分の仕入れる材料の発送は出来ない

 

という旨の通知でした。簡単な話が営業できなくなるよって事ですね。

 

 

そりゃ不味いと思い、過去の売買の履歴を辿って調べてみると、、ありました。随分前に3か月分も未納している買掛金が。この旨を社長に伝えた所、何故か社長はいきなり逆ギレ。

「それだと明日のメニューが作れなくなるだろ、何言ってんだ!なんとかしろ!」とたんに機嫌が悪くなり喚きだしました。

 

 

この時、社内にいる従業員は話さずとも心は一致していた事でしょう。

「いやいや、お前が悪いから」

 

 

さらに出てきたのはこんな発言。

「しょうがない、明日朝1で入金するからちょっと交渉しろ!あれくらいの掛け金でギャーギャー言うんじゃねえよなぁ。」

 

未納なの知ってたのかよw

っていうか明日材料来なくなるかもしれないのに今日払わねーのかよw

そしてなんで弱い立場なのに上から目線w

 

 

仕入れ先との電話対応中にさらに衝撃の一言が

さまざまな疑問と突っ込みを抱えつつも、ジャイアンを超える過去の無茶苦茶な傲慢ぶりからコイツには何をいっても無駄だと悟っていたため、渋々僕は交渉にでました。

こっちとしては元々無理なお願いをしているし、話がこじれて明日の仕入れ材料が届かなくなったら本気で一大事です。

 

 

今ならそんな会社はむしろそのままぶっ潰れればいいと思っているのでこういう時でも割と力を抜いて対応していたと思いますが、当時の僕は悪い意味で真面目だったので、とにかく懇切丁寧に低姿勢の限りを尽くして交渉した事を覚えています。

あの一瞬、俺はどんなサービス業にも勝る接客をしていた。

 

 

が、しかしそんな自分の対応を見て社長はさらに衝撃の一言が!(ガチンコのナレーター風に)

 

「そんなへりくだんなよw」

 

 

 

ん?

 

「そんなへりくだんなよw」

 

「そんなへりくだんなよw」

 

 

 

うーーむ、やはり連日の深夜に及ぶ残業の疲れで幻聴でも聞こえてきてたんでしょうかねぇ。
なかなかパンチのある一言です。

でもきっとここで俺が雑な対応をしていたらこの社長はキレていたでしょう。

ザ・ワンマン!

 

 

結局この件は、なんとか俺の交渉力のおかげで無事に解決はしましたが、これもなかなか冷や冷やする出来事でしたね。

これだけでも金のない零細企業やワンマン社長のブラックな片鱗が垣間見えているんじゃないかと思うのですが、これはまだ氷山の一角に過ぎないエピソード。

 

 

次回は人生で一度しかありえないであろう出来事に遭遇したエピソードを書こうと思います!
また、世の中にはこんな会社もあるんだ~、へ~~~的な参考程度に読んでいただけたら幸いです。

【4話】電気代の支払いができない事で営業停止寸前。俺のブラック企業ランキングトップの会社

 

 

 

そしてこんな会社に転職するのは人生の無駄遣い、以下にホワイト企業を探す上のコツやポイントについて記事を載せますのでご興味があればぜひご拝読ください!

会社辞めて転職したい!無料の転職支援サービスと上手な使い方を紹介します!

離職率の低いホワイト企業の探し方と特徴。求人情報で優良中小企業を見つけよう

離職率の低い優良中小企業の特徴。ホワイト企業の探し方を面接で判断

 

 

 

また、現在は民間にも数々の転職サイトやエージェント等のサービスがあります。
このようなサービスは複数登録した分だけチャンスの数も増えます

増えすぎるのも情報の把握が大変になるのでバランスは大事ですが、自分で管理できる数までは複数登録しておくことをお勧めします。

 

特にエージェントは、担当者が利用者と面談を行い、過去の職歴、性格など、希望などを綿密にヒアリングしてくれるので、客観的に自分の事を分析し、希望する仕事の提案してくれる事は勿論、エージェントは自社の評価を下げない為に、取引している登録企業の事を十分に調べ、可能な限りブラック企業を排除するように動いています

 

ゼロとは言えませんが、ブラック企業を引き当てる可能性も低くなっており、非常に利用価値があります。

どれも無料で登録できるものなので、是非とも登録して自分の人生を有利に進めていきましょう。