ハローワークの求人がブラックばかりな理由!職安の検索で転職は無意味


ハローワークでの求人検索は無意味。

こんにちは、30代転職10回・フク業管理人SOです。

 

僕は過去に転職の為にハローワークの求人検索から利用した事がありますが、
見るたびに思うのは・・・ブラックな求人が多いな~~~って事、

手取り15万行かないのに年間休日105日とか堂々と書いてやがる

どういう仕事の回し方すりゃそーなるんだよ、時間給換算にしたら恐ろしいです。
バイトだってもう少しお金稼げますよ。

僕は2回ほどハローワーク経由で転職したことがありますが、
どっちもホントにカスな職場でした!

ボーナスは記載していた額の3割だったし、土日祝休みなのに実質土曜出勤だったり、残業も、、もう考えたくもないw

 

そんなワケで僕はもう職安で求人検索して転職するのは無意味だと悟り、それから一切していません。

今回はハローワークの求人がブラックばかりな理由について書いていきますね。

 

ハローワークの求人の出稿は無料掲載だから企業にリスクがない

やっぱりここにつきますよね。

企業がハローワークに求人を出すのは無料なので、リスクがない。
だからどんなに待遇が悪い求人を出し続けても、企業側としてはマイナスにならないからOKなんですよね。それで引っかかってくれる人がいれば儲けものですから。

 

しかも、無料でしか求人を出せない会社ですから、会社自体の景気も悪く資金力にも余裕がなく人件費も限りなく抑えたいと考えている為、まともな待遇がほどんどありません

 

そのような企業はマンパワーをかけずに、1人1人にギリギリまで仕事をさせたいと考えいるため、必然的に残業も多くなりがちになります。

 

よく、安くてもいいから楽な会社に入りたいというような話を聞きますが、金がない企業ほど余裕がないので人をこき使いたいと思っています。

人間に置き換えたって、金と心に余裕がない状態で人を助けるのって難しいじゃないですか。それと一緒。

貧しくても慈愛の心がある企業がある会社なんて都市伝説です。

 

ハローワークで求人を探す層も底辺層が多い

今の時代、わざわざハローワークに出向かなくても、ネットを介して求人案件は簡単かつ大量に探すことができます

 

ハローワークでしか求人を探せない人たちは、そもそもスキルが不足していたりする場合が多い。
ハロワークの求人は、そういう人たちの泣き寝入りする場所ともいえます(といってもネットでサイト見るだけなのでそんな大した事じゃない)

翻って職安にしか求人を掲載できない企業も、問題があります。そんなに所に優秀な人材が来られても逆に扱いに困ったりします。困る前に優秀な人材ならすぐ転職しちゃいますからね。

 

必然的に質の悪い案件と質の悪い作業者がマッチングするような構図になりがちなので、
そんな人たちで構成される職場はやはりブラックであることが多いのです。

 

人が何回も辞めたって会社側はOK、社畜が来るのを待っている

資金的に余裕のない企業は少ない人数でギリギリで回そうとするので、会社での教育も当然しっかりしていません。加えて、ハローワークは無料掲載で、本気で人を取るのに一生懸命になっておらず、入ってくる社員の扱い方も雑になります。

劣悪な環境でとりあえず働かせてみて、社員が辞めたとしても、求人は無料なので次を探せばいいのです。

 

しかしそんなブラック企業でも、何か理由があって辞められない人や社畜根性があって続ける人も稀にいます。
そんな人が入ってくれば企業は儲けもの、それまで企業は網を張って待ち続けていわばいいのです。ブラック企業にとってこんなに使い勝手のいい転職サービスはありませんよね。

 

使い方は難しくない、転職するなら民間の転職サービスをつかえ、

という事で、ハローワークで出す求人案件が多い理由を書きました。
職安が悪いワケじゃありませんが、結果的にブラックな求人が生まれやすい構造になっているんですよね。

本当に稀に良質な案件を出している求人も0ではありませんが、そんな企業こそすぐに埋まっていまいます。

ハローワークに残った劣悪な求人を高い競争率で争うなんて時間と労力の無駄です。
そこで底辺を行き来する転職活動の無限ループなんて事になったら本当に地獄じゃないですか。

 

そういう所で求人を探すくらいなら、民間の転職サービスを活用した方がリアルに100万倍いいです!

スマホやパソコンがあればその場でいつでも求人検索ができますしエージェントに登録しておけば、担当エージェントが勝手に自分に合いそうな求人を探してきてくれます

また、転職サービス等に登録している企業は、きちんとお金を出して求人活動も行っていますし、今では転職サービス企業がブラックではないかを調べてから取引をする企業も増えてきています。

転職サービス側もブラック企業を扱う事は、会社の業績にも損失にもつながりリスクですからね。
ブラックな所も0とは言えませんが、確実にハローワークの求人よりも質・量とも多く存在しています。

 

登録も10分あればできますし、ハローワークにわざわざ出向く方がよっぽど労力です。
転職活動にはネットから転職サービスを活用して、よりよい転職活動を行っていきましょう!