小さい会社(20人以下)で働くデメリット。人間関係とワンマン社長に注意!


どうも!転職・副業に1歩踏み出すブログ「フク業」管理人SOです。

 

僕は多くの転職をしてきた中で、20人以下の小さい会社に三度入った事があります!

そんな経験から小さい会社で働くメリットとデメリットのうち

今日は「デメリット」について書いて行こうと思います。

 

 

色々ありますが、特に人間関係とワンマン社長には要注意です。

小さい会社に転職を考えている方は参考になればと思います。

 

 

小さい会社(20人以下)で働くデメリット

それでは、20人以下の小さい働くには色々ありますが、

僕が体験をしてきた事を挙げていきたいと思います。

 

 

■社長がワンマンだと社内の雰囲気は最悪

何万人も抱えているような大企業では、

社長を見たことがないという人もいたりもするでしょう。

 

 

しかし人数の少ない中小企業においては、社長はとても身近な存在。

下手すると自分の数メートル前に社長のデスクがあるなんてこともザラにあります。

 

 

そしてそれだけ社長が身近な分、接する機会も多いですし、

社長の存在や考えが会社全体に大きな影響を与えます。

 

 

社長が社員を大切にしてくれる(正当な評価、人格を尊重してくれる)人であれば、

当然社員は社長を信頼し、会社の士気もあがり、結果生産性の向上につながります。

 

 

しかし、社長がワンマンで気分や、また利己主義な人間だった場合はホントに最悪。

社長の気分次第でいう事がコロコロ変わったり、

社員側が仕事上でどんなに有益な進め方を提案しても、

社長の意見と食い違いがあれば却下されるどころか、

目をつけられたら意地の悪い無理難題を要求される事もあります。

 

 

最悪なケースでは普通ならありえない話ですが、

僕のいた会社では社長と口論した社員がその場でクビにあったこともあります。

(それまでにはいろんな伏線はりましたが・・)

 

 

僕も自身も社長の機嫌がよくない時、帰宅途中に呼び戻されたり、

休日の夜中に仕事させられたり、結構な無茶ぶりにあいました^^;

 

 

しかし最も大きな弊害は、気分屋な社長なので、社長に関わる案件が入ると

社員は極力それを避ける為、お互いをけん制して仕事の押し付け合いがあいが始まる事ですね。

本当に社内の雰囲気がぎくしゃくします。

 

 

まぁ、気分屋な社長なので、上手く社長をヨイショして気に入られれば

力強くサポートしてくれることもありますが、基本的には気は使いますね。

 

 

■周りとの人間関係が悪化すると辛い

中小企業は人数が少ない分、一人一人の社員との関わりが深くなります。

社内で上手い人間関係が築ければ、絆が深まる分、

お互いを上手くサポートしあって仕事を進めやすくなりますが。

 

 

一度人間関係が悪くなったりすると、20人以下程度の会社の場合かなりキツイです。

 

 

多少規模のある会社ならば、部署を分けたりチームを変えたりして

接触を遠ざけたりする事ができますが、

キャパの小さい会社の場合はそもそもそんな部署の切り分けもなどもなく、

ほとんどはみんな同じ小さいフロアで固まって仕事をします。

 

 

そんな所で立場の高い相手に嫌われてしまうとそれが他の社員に伝染し

最悪は孤立してしまいます。小さい会社は他の社員との距離が近く

パイプが太いため、これが断絶される事はかなり致命的と言えます。

 

 

普段から人間関係には細心の注意を払い

特に入社直後などは他の社員の性格などをよくつかんでおくように

じっくり周りを観察しましょう。

 

 

■自分の担当外の仕事も振られることがある

小さい会社は人数が少ない分、しばしば自分の担当外の仕事をやらされることがあります。

僕はその会社ではWEBデザイン担当だったのですが、

  • 何故か先方への届け物を頼まれ運転させされたり。
  • 本来SEが行うプログラム修正を、運営しているWEBページに組み込まれているものだからと修正を依頼されたり。(これはさすがに出来ないので最終的にはSEにお願いしましたが・・)
  • お茶くみをしたこともあります

 

 

など、人数が少ないが故にある程度は仕方のない部分もありますが、

担当の仕事でいっぱいいっぱいな時に関係ない仕事を振られるとつらい

・・・つらいっていうかムカつきますw

 

 

あとがき

以上、今日は20人以下の小さい会社で働く事のデメリット面について紹介しました。
どれもなかなか難しい問題がありますが、

 

このデメリットを解決するのは「コミュニケーション能力を磨く事」だと思います!

出来るだけワンマン社長も含め、社内にいる人間を

自分の味方につけられるように、上手く立ち回ってください!

 

 

住めば都ではないですが、一度味方が増えて自分の立場を確立できれば

居心地も悪くなくなりますし、

なにより一度磨いたコミュニケーション能力は必ず将来の自分の力になりますので。

 

しかしもしも立ち回れない場合は転職も視野に入れましょう

しかし、そうはいっても全ても尽くして状況が変わらないようなら

そんな時は環境を変えてしまうのも一つの手です。

 

 

人間の性格や相性は10人十色です。

今の会社で合わずとも、それは単純にその会社との相性が合わないだけで

別の環境に移ればすんなり解決してしまう事も往々にあります。

 

やはり自分に合った環境で働けることが、心身ともに充実した生活を送る事につながります。

本当に劇的に悩みから解放されます。

僕は過去にブラック企業にいた経験から、同じ苦労をしている人へ

環境を変える事は怖い事だけども、立ち上がって欲しいと思いっています。

 

現在は民間にも数々の転職サイトやエージェント等のサービスがあります。

以下に評判の高い無料転職サービスやホワイト企業を探すコツ等をまとました。

 

特にエージェントは担当者が利用者と面談を行い、

過去の職歴、性格など、希望などを綿密にヒアリングして、

自分に合った求人をリストアップしてくれます。

 

なので、

  • 希望に近い求人を高い精度で見つける事が可能になる
  • エージェント会社は自社の評価を下げない為に、取引している登録企業の事を十分に調べ、可能な限りブラック企業を排除するように動いている。

上記の事からゼロとは言えませんが、ブラック企業を引き当てる可能性も抑えられ、非常に利用価値があります。

 

また、転職の段取りもエージェントが代行してくれるため、

在職中の人でも働きながらスムーズな転職活動を行う事が可能になります。

下記から自分に合ったサービスを活用しましょう!