転職でやりたい仕事がない!職種が見つからない時の4つのヒント


この記事はこんな人に向けて書いています。

  • 転職を考えているがやりたい仕事が見つからない方
  • 次の仕事の職種や方向性が決まらない方

 

こんな悩みを持っている方の参考になればと思います。

 

転職したいけど職種や方向性が決まらない!やりたい仕事を見つける4つのヒント

 

転職・副業へ一歩踏み出せるブログ。「フク業」管理人SOです!

僕は初めて転職活動を行った時、転職する気は満々だったのですが、当時勤めていた会社を辞めたい一心で退職してしまった為、次にやりたい仕事や職種が事が決まっておらず
どんな仕事をしたらいいか方向性が見えずに悩んだ経験があります。

 

前に進む気はあるのに道が見えてない状態ですね。

 

僕にとってはこれは案外辛い状態でした。
パワーを発散したくてもパワーの向け先がない状態ですからね^^;

 

しかし、転職活動を考えている方でこんな状態になっている人は結構いるのではないでしょうか。

 

今日はそんな転職を考えているけど、やりたい仕事や職種などの方向性が決まっていないあなたに、4つのヒントを書いて行けたらと思っています!

良かったらお付き合いください!それではいってみましょう!


スポンサードリンク

ヒント1.仕事は原則好きな事か得意な事で探す。

仕事を探す際は原則、「好きな事」か「得意な事で探すのが大事だと思います。
当たり前の事っちゃ当たり前のことなんですが、、^^;

 

好きな事であるメリット

好きな事を仕事にするメリットは、仕事を進める上で起こり得る

  • 仕事上の多少困難な事
  • 自分の現時点のスキルや知識がない

こんなハードルも、好きという情熱で乗り越えられる点ですね!

好きというパワーが仕事を覚えるスピードにも手助けしてくれると思います。

学生時代に好きな部活に入ってた人なんかはわかりやすいんじゃないかな、キツイ練習があったとしても、乗り越えようと思える感じに近いと思います。

また、仕事の取り組みに対しても当事者意識や能動的な姿勢を取りやすく、

結果として周りからの評価を得やすい事もメリットですね。

 

得意な事であるメリット

得意な事を仕事にした方がいい理由は、これも当たり前ですが、

仕事は自分の得意な事を行った方が、圧倒的に「ラク」だからです。

ラクだから周りと同じ作業をしていても仕事のスピードも速く、高い生産性を上げる事が出来る、ついでに周りの評価も勝手に上がっちゃってくれる。居心地も良くなるしラクだから仕事も早く終わる。

いいことづくめです。

得意な事の基準は、自分で得意だと思う事でもいいと思いますが、

他者からの受けた評価の方が、より客観的で良いかと思います。

過去にどんな事で人から褒められたり喜ばれたりしたかを思い出してみてください!

 

結論

  • 仕事を探すなら原則は「好きな事」か「得意な事」で探す!

 

ヒント2.自分の好き嫌いや自己/他己評価をひたすら箇条書きしてみる

さて、そんな好きな事や得意な事の探し方ですが、僕はとにかく紙書いて、箇条書きしてみる事をおすすめします。

  • 自分の好きな事
  • 自分の嫌いな事
  • 自分の得意だと思う事
  • 自分の苦手な事
  • 自分の性格
  • 他社から言われた性格

 

どんな些細な事でもいいので
これを各項目をできれば最低50個くらい考えるつもりで紙に書きだします。

 

これを行う事で、自分の中のものをブラッシュアップでき、自分の好きな事や得意な事を再認識はもちろん、自分でも知らなかった自らの要素を発見できたりします。

 

また、紙に書いてアウトプットしたものを目で見る事で情報が整理され、頭の中に考える余裕を持ち、スムーズな自己分析を行う事ができます

 

この自己分析の結果を元に転職活動を行う事で、自分に向いている職種や方向性の輪郭が浮き出され、やりたい仕事との関連性が見えてきたりする事が結構あります。

 

単に紙に書くだけじゃんって思うかもしれませんが、意外と効果が大きい手段なのでぜひ試してみてください!

結論

  • 紙に自分の好きな事、自分の嫌いな事、自分の得意だと思う事、自分の苦手な事、自分の性格、他社から言われた性格を各項目50個位書くつもりで書き出してみる。

 


スポンサードリンク

ヒント3.それでも見つからない場合は、条件だけに注目して探す

 

それでも自分のやりたい仕事や方向性が明確に見つからないという人もいると思います。
そういう場合は

 

思い切って条件だけに注目して仕事を探してもいいかもしれません。

 

例えば

残業が少ない会社の場合

  • 自分の時間を有意義に使う事が出来る
  • 空いた時間で好きな事が見つかるかもしれない

 

賃金が高い会社の場合

  • 貯金がたまりやすい
  • ある程度貯金額が溜まった時に辞めて自分探しをしてみる
  • やりたい事が見つかった時に貯金があるとすぐに行動しやすい

 

自分のライフタイルや行動指針に合わせて条件に合う会社を探していく事も一つの手段としては有効だと思います。

結論
それでも方向性が決まらない人は「条件」だけに注目して仕事を探すのも手

 

ヒント4.方向性が見えても見えなくても行動!転職サイトやエージェントを使ってみる

 

さて、ここまでで自分のやりたい職種や方向性が見つかり始めた人も見つけられなかった人も、
ひとまずは転職エージェントや転職サイトを使ってみるのが良いと思います。

 

方向性が見つかった人が登録するメリット

自己分析や先に進むべき方向性がある程度固まった人であれば、転職サイトに登録して詳細な希望条件を入力すれば希望した仕事に対して精度の高い情報が沢山得られると思います、自分の希望に合った求人情報をガンガン探していきましょう。

 

また、転職エージェントは、あなたの希望する条件が固まっていればいるほど、条件にあった案件を紹介してもらえる事は勿論、転職の本気度がエージェントにも伝わり、あなたの転職活動を熱心にアドバイスしてくれたり親身になってサポートしてくれる人が多いです。

 

方向性が見つからなかった人が登録するメリット

転職活動の方向性がまだ見えなかった人も、転職サイトやエージェントを活用するメリットはあります。

それはどちらも登録するだけで多数の仕事の案件を紹介してくれる点にあります。

 

そしてあなたの方向性が定まっていない分、幅広い案件が紹介されると思います。
送られてきた多くの求人情報に目を通し、仕事の内容を具体的に見て比較する事で方向性が開ける場合もあります。

 

また、案件の中にはあなたのまだ知らない職種や業界の求人もあると思います。
そんな求人案件からあなたが興味を持つ分野を発見できる可能性があります。

 

以上、どちらの場合でも、転職サイト転職エージェントに登録する事は転職活動を進めるにあたって非常にメリットとなるので、登録しておく事をおすすめします。

 

今日は転職活動を進めるに辺り、進みたい職種や方向性など、やりたい仕事が見つからない人に4つのヒントを書いていきました。

これがあなたの転職活動に、1歩でも前進するための参考になれば幸いです!

それでは!


スポンサードリンク