求人で社内カレンダーがある会社はブラック企業!年間休日は確実に減る【土曜出勤有】


求人票に社内カレンダがーと書かれていたら要注意。

どうも!転職・副業に1歩踏み出すブログ「フク業」管理人SOです。

転職活動をする際、転職先の休日の日数は重要な項目の1つですよね。
休日の数が多いほど、社員にとってはありがたいですから。

そんな求人票の休日欄に、「社内カレンダー有」という表記がある場合にブラック企業の可能性があるので要注意。

また、土日祝と書いてある時も、ちょっとしたカラクリがしかけてある場合もあるので、今日はそんな事について書こうかと思います。

 

社内カレンダーは休日の日数が減らされている可能性大

社内カレンダーが設定されている場合は、土・日・祝と休日があってもなんらかの形で休みを減らされている場合が殆どです。

 

大体設定されるのはこんな感じ

  • 祝日のある土曜日は出勤
  • 月一で土曜出社あり(例:全体会議を行うから)
  • 交代制で土曜出勤がある(例:土曜でも顧客対応が必要だから)

とか、会社の独自の何かのイベントが発生し、社員の休日が増えるという事は十中八九ありません。普通に土・日・祝が休みでカレンダー通りの休日があるならば、社内カレンダーを作る必要はありませんからね。

なので、これが書いてある場合にはかなりかなり注意が必要であると言えるでしょう。

 

独自ルールを強制される=ブラックの証の可能性

特に祝日のある週の分は休日も働け!なんて意味がわかりませんよね。
元々国民に与えられている休日、ルールですから。

このような会社は、最もらしい理由をつけて社員に不利益なルールを課す事を厭わない思考である為、休日以外の事に関しても会社都合の理不尽なルールを作られている場合が多いです。

 

これは実際僕のいた会社の例ですが

  • 朝礼が掃除をする日は30分前に出社を命じられる。(しかもこれは立派な勤務なのに扱いは勤務外、本当は違法)
  • 有給休暇を消化するとその分ボーナスの査定が下がる
  • 定時後の30分間は休憩時間とみなされ残業をしてもこの分の残業はつかない(実質はみんな働かなければならない)

とか、こんな謎ルールを沢山制定していたりする可能性が高いです。

 

週休二日制のカラクリにも一応注意しよう

また、僕も知ったのは最近なのですが、週休二日制と書いてある場合にも注意が必要です。
一見土日休みのように見えますが、これは月に1回でも土日休みが定められていれば求人票にこのような書き方ができます。

まぁ、こんな詐欺まがいの事をするような会社の方が少ないとは思いますが、なかにはこんなごまかしを使う会社も一定数存在しますので、週休二日制と書かれていても、休日に関しては隅々までよく調べる事をお勧めします。

 

年間休日は125日以上と明記している所を探そう。

そんな事を踏まえたうえで求人を探すとしたら、大事ポイント「年間125日以上」の休日を明記している事です。

これは、

  • 年間の土日の休日 104日日
  • 年間の祝日・国民の休日 16日

更に夏季・年末休暇が上乗せされる事で休日が大体125日以上と形状されるからです。

このような書き方がされていれば、例え社内カレンダーがあったとしても、カレンダー通りの休日が担保されることになるので、安全度はグッと上がる事でしょう。

 

 

休日の多さは転職の際の優先度の高い条件、妥協せず探そう

転職をする上で休日の多さはとても重要です。

例えば毎週土曜休みと隔週土曜休みでは、同じ25万円の給与だとしても、労働日数から換算すると2~3万円程度の差が出てしまいますし、仮にその2日で副業をコツコツ積み重ねていけば1年後には10万円位の差になる事も十分あり得ます。

 

また、お金は努力次第で増やすこともできますが、一度過ぎ去った時間はどんなに努力しても絶対に戻すことはできません。
自分の時間を多くとれる事は、人生を豊かに過ごすうえで絶対的に大事な条件です。

というワケで、転職をする際は社内カレンダーという表記がある場合には、年間休日が125日を超えていなければ避けるべきと言えるでしょう。

このような会社は休日以外にも都合が良く、労働者に不利なルールを設けている可能性も高いですから。

そんな企業を避けて、環境の良いホワイト企業に転職する為には、出来るだけ多くの情報を得ておく事が必須です。

 

 

以下に、僕が書いたホワイトな優良企業の調べ方について記載しておきます。

離職率の低いホワイト企業の探し方と特徴。求人情報で優良中小企業を見つけよう

離職率の低い優良中小企業の特徴。ホワイト企業の探し方を面接で判断

 

 

また、現在は民間にも数々の転職サイトやエージェント等のサービスがあります。

特にエージェントは、担当者が利用者と面談を行い、過去の職歴、性格など、希望などを綿密にヒアリングしてくれるので、客観的に自分の事を分析し、希望する仕事の提案してくれる事は勿論、エージェントは自社の評価を下げない為に、取引している登録企業の事を十分に調べ、可能な限りブラック企業を排除するように動いています

 

ゼロとは言えませんが、ブラック企業を引き当てる可能性も低くなっており、非常に利用価値がありますので、最低でも1つは登録する事をお勧めします。

 

 

また、転職サイトも複数登録した分だけチャンスの数も増えます

1つの求人サイトにめぼしい求人がなくとも、他のサイトにはたくさん掲載されている可能性もありますから。

増えすぎるのも情報の把握が大変になるのでバランスは大事ですが、自分で管理できる数までは複数登録しておくことをお勧めします。

 

どれも無料で登録できるものなので、是非とも登録して自分の人生を有利に進めていきましょう。

あなたに合った職場は必ずあります。

この記事が見ている方の参考になれれば幸いです。

それではまた!