仕事で残業しないと評価されない会社は衰退を辿るブラック企業。即転職すべき


残業しないと頑張っていないとみなされ評価が落ちる。

 

 

どうも!転職・副業に1歩踏み出すブログ「フク業」管理人SOです。

残業というのは本来、例外であるべきものです。

 

 

しかし、日本の企業は残業する事が常態化している所が多く、

定時で帰る事がむしろ例外のように扱われ、

残業を多くこなしているかが社員の評価基準になっている会社もあります。

 

 

「アイツはすぐに定時で帰ってしまう、やる気あるのか?」
「アイツは毎日遅くまで仕事をして頑張っている、えらいなぁ」

 

 

これを見ている人の中には、このような場面に遭遇した事があり

疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。

 

いや、綺麗事をいうのはもうやめようw

疑問っていうか

 

ふざけんなっ!

って思っているんじゃないでしょうか!

 

 

かくいう僕も、副業をしていたり好きな趣味も持っているので、

それを阻害する残業が本当に嫌いです。

 

 

思うに残業をする事でしか評価されない会社って、

成長しないし衰退の一途をたどるしかない無能なブラック企業だと思うんですよね。

今日はそう思う理由を書こうかと。

 

 

残業時間だけで評価する会社は無能なブラック企業

思うに残業時間だけで人を評価する会社というのは結果をみてないんですよね。

会残業を毎日遅くまでしている人は、一見会社にいる時間が長いので、

それだけ会社に貢献している / する意欲がある、と見えるのかもしれません。

 

 

しかし、それって

  • 業務を効率化できていない
  • 単純に仕事が遅い
  • 時間管理の概念が薄い
  • 残業代があれば、残業代を稼ぎたいだけ
  • このような体制の会社なので、上司からの評価をあげたい

こんな裏返しが

たまたま頑張っている風に見えているだけって事も沢山あるハズです。

 

 

そうだとするならば、これは会社からすれば

  • 電気代などの経費がかさむ
  • 時間の割に生産性が少ない

むしろ不利益を生み出しています。

 

 

翻って会社を定時であがる人。僕が見てきた限りではこのような人ほど

  • 定時内で与えられた役割ときっちりとこなす責任感がある
  • 仕事を効率よく進める為の段取りを組める
  • 結果にこだわって仕事をしている

このような人が多い印象があります。

明らかに前者より後者の方が生産性が高い仕事をしている可能性は高いですよね。

 

 

しかし、残業をする事でしか評価しない会社は、そのようには捉えません。

つまり従業員の生産性をしっかり見ていないので、

どれだけ仕事をきっちりこなしても、それに見合ったペイが帰ってきません。

 

 

また、本当に会社が残業が常態化しなければならない程、仕事が常に山積みであるならば、

その分会社は儲かり、社員に還元もしなければならないハズ。

まだがっぽりペイしてくれる会社ならばまだしも、そうでなければ、

 

 

  • その会社は労働力を搾取している
  • 取り扱う事業自体に問題があるか会社の経営陣の能力が無く、いくら残業をしても儲からない

どちらにしてもブラック企業です。

 

残業代を出さずとも社員が残業するなら、その分会社としては得ですから、

そんな会社は生産性の低い社畜の評価もそりゃあ上がります。

(実態は生産性が低い、経費がかかるなどのデメリットのあるんですけどね)

 

 

 

こんな体制は優秀な人材は減って行く一方

そしてこんな会社では、それが無駄であろうと、

残業をし続けて評価を上げた人間が人の上に立っていきます。

 

 

そのような上司が上に立ち権力を持つことで、

会社には残業をする事こそが正しいという価値観が全体に浸透し、

残業を強いる様なブラックな環境がどんどん作り上げられていきます。

 

 

こんな環境になってくると、定時内できっちりと仕事をこなせるような

生産性が高い優秀な社員は、

  • 仕事をダラダラやるような奴が評価される理不尽さ
  • ここで頑張ったとしても残業代はでない
  • しかも元々薄給

色んな不満が溜まる事に合わせ、

好待遇な職場へ転職する事も十分可能な能力も持ち合わせているので

さっさと見切りをつけて辞めてしまいます。

 

 

そして会社には生産性の低い社員ばかりが残る。

こうした負の連鎖によってブラック企業ができあがってしまいます。

 

 

こんな会社にいたら身を滅ぼすだけだからとっとと転職しよう

今日は残業しないと評価をされないような会社について書きました。

 

このような会社はある意味、社畜根性が染みついた人たちにとっては

ただただ残業をしていれば評価があがる、

会社にとっては残業を好きなだけ強いる事ができるという、

ある意味で変な利害関係が一致しています。

 

 

なので社畜根性がある人にとっては必要悪的に存在意義もあるかもしれませんが、

普通の感覚であれば、自分の働きを全うに評価されず、

労働力だけを不当に搾取するような会社でギスギス働きたくはないと思います。

 

こんな会社は過重労働、優秀な社員は辞める、労働の改善をしない、事業自体が間違っている、

どのみち衰退の一途をたどるだけなので、いずれ潰れていくでしょう。

 

この構図があなたがいる会社で思い当たる節はありますか?

こんな会社にいる人は転職すべきだと思いますし、

現在転職を考えている人もこんな会社には絶対入ってはいけません。

 

 

そんな企業を避けて、環境の良いホワイト企業に転職する為には、

出来るだけ多くの情報を得ておく事が必須です。

以下に評判の高い無料転職サービスやホワイト企業を探すコツ等をまとました。

 

下記から自分に合ったサービスを活用し

なるべく会社も社員も WIN-WIN な関係性で働ける所を探す準備をしていきましょう!