仕事のやりがいを押し付ける会社は速攻転職だ!それは自分で決める物。


どうも!転職10回、副業・転職に一歩踏み出せるブログ・フク業管理人のSOです。

 

「やりがい」

 

 

今までいくつもの職場を経験してきましたが、

共通して言えるのは「やりがい」という言葉を押し付けてくる会社は

どれもカスなブラック企業だって話。

 

 

今日はそんな「やりがい」を盾に仕事を押し付ける会社は

速攻転職した方がいいって事を書きます。

 

 

仕事の「やりがい」という都合のいい言葉に置き換える会社に注意

まず、今までの経験上、仕事で「やりがい」って言葉を言われるときは、

決まって無理難題な仕事が入ってきた時です。

 

そしてそれは仕事を振る方も内心めんどくさい仕事だと思っています。

 

 

しかし、仕事上「残業とかも超増えるし、お金も出せないけど、がんばってね~」

なんて直接言葉には出せないので、いう言葉は大体こんな事。

 

 

「まぁ、結構大変な仕事だけどさ、〇〇君もその方がやりがいあるでしょ?」
「これを頑張ったら君の為にもなると思うし、やりがいがあるよね!(ニコッ)」

 

 

ホントに会社ってのはどうして都合が悪ければ悪いほど、

無理やりポジティブな言葉に置き換えるんでしょうねw

 

 

もっと素直に

「こんな仕事やってらんねーんだけどさ、今こんな状態だから、お願いできないかな、マジごめん」

 

みたいにってくれれば、まだ僅かでもやる気は出るのに。

 

 

こんな「やりがい」とか意味の分からない言葉で濁されてる時点で

「やりがい」もなくなります

 

 

難しい事をする=やりがいは違う

そもそも、難しい事をする / 苦労する=「やりがい」とか

苦労すればするだけ報われるってアホみたいな話だと思いませんか?

 

 

話は少し脱線しますが、

昔体育会系の部活で「水は飲むな」って風習がありました。

これって水を飲まない事で耐える力が付く=上達につながるからだって考え。

こんなあり得ない迷信みたいなことが僕の時代は日常でした。しかしこれはまったく逆効果。

 

 

適度な給水はとった方が絶対パフォーマンスは上がるんですよね。

今ではそれが立証されているので、練習の時はむしろ進んで

コーチ陣が給水する時間をしっかり設けています。

 

 

これって仕事も一緒だと思います。

仕事だっていかに効率よく最大限のお金を手に入れられるかが大事。

 

 

別に苦労する事が一概に悪い事だとは思いません、

もしその先に大きな利益が見込めて、その計画を達成する為に

苦労する事があるなら、それは全力で立ち向かうべきだと思います。

 

 

しかしそういう物があるなら、苦労する事に対してもキチンと説明ができるはず。

 

 

有能な会社ほど、部下の士気を上手に引き出しますから。

それを「やりがい」なんて曖昧な言葉で押し付けてる所は、

ちょっと無能かも、結構赤信号灯っちゃってると思います。

 

「苦労する」=美徳じゃありません。

苦労をしない為に具体的な改善策を冷静に提案、構築する方が、

よっぽど美しいと思いませんか。

 

 

そもそもやりがいなんて自分で見つけて感じる物。

話は戻り、やりがいって意味を調べた所

やりがいとは、

「やりがい」とは、「仕事に当たる際の充足感や手応え、張り合い」

やれば評価があがったり、給料が増えたりするのも「やりがい」です。

 

と定義されています。

 

 

定義から、前者でいえば、充足感なんて仕事をしている当の本人にしかわからないし、

本人が納得してはじめて「やりがい」ですよね。

 

 

仮に、先ほどの無理難題な仕事が本人が取り組んでみて、

  • 充足感を感じたり、
  • 明確な将来展望の為に必要な事だと感じて行っている

これなら「やりがい」ともいえるのかもしれませんが、

どちらにせよ仕事を振る相手からやりがいがあるなんて押し付けられるものじゃないですね。

 

 

どんなブラックな仕事を振られても、

自分を必要としてくれる!なんて存在意義を感じるドM気質があるなら別ですが。

僕はドMじゃないんでそこはもうわかりません。

お俺のやりがいなんてお前が勝手に決めんなよって心から思います。

 

 

定義の後者の場合、会社が仕事を行わせた結果、待遇をあげてくれたりするのであれば、

きっとその時は「やりがい」って言葉は使わず、

待遇を挙げてくれる具体的な話にも触れるくるはずです。

 

 

やりがいを押し付けてくる会社なんてとっとと転職しましょう

という事で、やりがいを人に押し付けてくるような会社は、人に対しても、

事業プランに対しても考えの乏しい無能な会社である可能性が高いです。

 

 

そしてブラックな企業ほど、難題を「やりがい」っていう曖昧な言葉ですり替えてくるので、

もしもそんな会社で悶々とした日々を送っているならば、速攻で逃げる事をお勧めします。

 

 

今は転職も比較的しやすい世の中、転職は怖くない!

現在は民間にも数々の転職サイトやエージェント等のサービスがあります。

以下に評判の高い無料転職サービスやホワイト企業を探すコツ等をまとました。

 

 

特にエージェントは担当者が利用者と面談を行い、

過去の職歴、性格など、希望などを綿密にヒアリングして、

自分に合った求人をリストアップしてくれます。

 

なので、

  • 希望に近い求人を高い精度で見つける事が可能になる
  • エージェント会社は自社の評価を下げない為に、取引している登録企業の事を十分に調べ、可能な限りブラック企業を排除するように動いている。

上記の事からゼロとは言えませんが、ブラック企業を引き当てる可能性も抑えられ、非常に利用価値があります。

 

また、転職の段取りもエージェントが代行してくれるため、

在職中の人でも働きながらスムーズな転職活動を行う事が可能になります。

下記から自分に合ったサービスを活用しましょう!