転職

日商簿記2級を初心者が独学で3か月半で短期合格した勉強方法(3)


どうも!転職・副業に1歩踏み出すブログ「フク業」管理人SOです。

 

この記事は主に

  • 日商簿記2級を独学で合格したい人
  • 短期間で合格したい人
  • その為のプロセスを参考にしたい人

こんな人におススメです。

 

 

勉強開始1か月目で日商簿記3級を理解したら、勉強開始1か月目の記事はこちら

2か月目までは2種類の参考書 勉強開始2か月目の記事はこちら

 

 

「初心者向けの解りやすい参考書」+「より試験問題に近い表現を用いている参考書」

 

これらを駆使して、日商簿記の内容を徹底的に理解する学習をする期間でしたが、ここからは実際に過去問等の試験問題を重点的に説いていきます。

 

最終仕上げ!3か月目から試験まで行う事!

試験まではあと1か月と2週間あります、僕が行った対策は、

  • 1か月は買った参考書に対応した別売りの問題集をひたすら説いていく
  • 残りの2週間は過去問題集をひたすらやり続ける

という流れですね!

 

 

1か月の勉強方法のミソは「参考書に対応した同じシリーズの問題集」を用いるという事。

何故ココが重要かというと、参考書と問題集が違う出版社の物を使ってしまうと、

それぞれの問題集で問題を解く為のアプローチや書き方の表現に相違があったりするので、

その相違を理解するために余計な時間がかかってしまうからです。

 

 

参考書と問題集が同じ出版社から出ていると、

問題集を説いている最中につまずく箇所がでてきたとしても、

問題集に「つまずいた場合は、参考書の〇章の〇の項を見ろ!」というように、

参考書のどこを見ればいいのかが紐づけられており、

つまずいた原因となる箇所を探しやすいんですよね。

 

 

なので、効率よく苦手分野の克服をする為に、

参考書と問題集は同じシリーズで紐づけられている物を購入してください。

 

 

弱点の克服に無料の講座などを見つけて活用しよう

試験勉強していると、その過程でどうしても苦手な分野も中にはでてくると思います。

僕もいくつかそんな問題がり、一人で克服しようとしてもどうにも問題の相性が悪く、

理解しづらい物がありました。

 

 

そんな時に使ったのが、国の設けていた「簿記の無料講座」です。

これは週1回、2~3時間程度、講師から対面でレクチャーを行う講座なのですが、

これが役にたちました。

講座の内容自体は参考書にそって簿記の学習する、予備校と同じような形です。

 

 

授業自体は独学でも十分できる範囲の事を行うので、

独学でしっかり勉強している人ならば必要なものではないですが、大きいのは講師がいる事。

僕はその利点を活用して、授業の空き時間などに

独学で勉強する過程で出てきた苦手な分野について質問しまくりました。

 

 

参考書ではなかなか理解しづらい事を、

人に聞くことでわかりやすいニュアンスに置き換えて教えて貰えたりして、

大分理解を深める事ができ、苦手分野をピンポイントで補強する事が出来ました。

やはり人が教えてくれるのは大きいです。

 

 

今でも同じ講座があるかはわかりませんが、

今ならオンライン講座も沢山ありますし、タイムチケットのようなアプリで、

時間単位で教えてほしい事をピンポイントで対応して学習させてくれる物も

見つかるかもしれません。

 

もしも勉強の過程で苦手分野がでてきたら、

外部で活用できるサービスを探すことも、効率的な学習の進め方に有効なので、

行き詰ったら探してみてください。

 

 

残り2週間は徹底的に過去問題集を解く

さて、そんな形で、3か月目で問題集に取り組む期間でみっちりトレーニングした後は、

残りの2週間でとにかく過去問題集を説いていきます!

もうこれにはテクニックやコツありません、

とにかく何週もして解く!解く!!解きまくる!!!!頭に定着させましょう。

僕は休みの日は1日15時間くらいはやりました。

 

そして過去問を何週も解いていると、必ず同じ個所で間違うような

問題が出てくると思います、そこをいち早く修正して、

万全の状態で試験当日を迎えましょう。

 

 

過去問を解くときは試験と同じ環境で行おう

また、試験本番ではスピード感や時間配分の取り方も重要になってくるので、

過去問を解くときは、それも想定して必ず本試験と同じ時間設定をして

本番と同じ環境で進めてください。

この2週間はとにかく根性です!!ですがやれば必ず合格できると思います!

 

今日はここまで、次回は僕が受験に試験のコツなどについて書いて行こうと思います!

それでは!


ABOUT ME
syo
Tシャツと音楽をこよなく愛すクリエイターです
こんな記事もおすすめ