職場で怒鳴る上司の心理と対応。大体無能だから委縮せず言い返す事は大事!


職場でいつも怒鳴る上司。
どうも、フク業・管理人のSOです。

こんな上司、そんなに多いワケではありませんがたまにいますよね。
僕も何人か経験した事があります。

こんな上司は大体無能ですが、それでも接する場合が多かったりするポジションだったりすると疲れちゃいますよね。

今日はそんないつも怒鳴る上司の心理と対応について書いていきます。

委縮する事はありません!時にはきちっと言い返しましょう。

 

いつも怒鳴る上司は無能。自分に自信がないから怒鳴る

仕事でミスをした時、怒られたり注意されるのは仕方のない事です。
そしてここで大事な事は、ミスへの対応をしっかりと相手に伝えて改善させる事が大事なポイントです。

 

これを伝えるのに怒鳴る必要はありません。

 

しかも、怒鳴る事は相手を委縮させてしまい、そこから積極的な行動ができなくなる、ミスを恐れるあまりに顔色ばかりうかがってしまう、怒鳴られる事ばかり気が取られ、集中力が散漫にミスが重なる。

デメリットの方が圧倒的に多いんですよね。

 

 

本当に重大な事で怒鳴るという事は否定しませんが、こんな事は日常茶飯事には普通起こりませんが、

 

いつも怒鳴る上司というのは、

  • 自分に自信がないので、怒鳴る事でマウントをとって優位性を保つ
  • 自分自身も仕事があまりできない人間で余裕がなくテンパっている
  • ただ怒鳴りたいだけ

 

大体以下のような感じです。

どれをとっても社会人としても人間としても有能とは言えません。

 

怒鳴る人の心理は大体小心者だったりする。

怒鳴る時っていうのは、余裕のなさや恐怖心の裏返を表しています。
余裕がある人間は、なにか起きたとしても事象に対して冷静に向き合い、相手を信頼して適切な態度で接する事ができます。

 

しかし往々にして怒鳴る上司というのは、なにか起きた事で自分が責められるのをビビりまくってるんですよね。

 

客先であったり、上司からの圧力だったり。
そしてそうなった時に自分が上手く対処をする術もよくわかってないので、結果恐怖心がつのって怒鳴るっていう図式。

こういう人に限って、上に対しては異様なほどへーこらしてたりしますからね。

 

怒鳴られた時こそ冷静に対応して、場違いなパワハラには委縮せず言い返す事が大事

前述のとおり、怒鳴る上司というのは怒鳴れば怒鳴る人ほど結構ビビりな訳です。
なので、どなられたとしても、

「ああ、この人こんなに怖がってるんだな」と心の中で思って、

 

仕事上の改善すべきポイントだけ拾いながら委縮せず、冷静に対応してください。

 

相手はあなた以上に怖がってますからw

 

また、怒鳴るのは相手が一番悪いですが、少なからず標的にされてしまうタイプというのは存在します。

  • どんな状況でも波風を立てたくない人
  • 主張が出来ない人
  • 受動的すぎる人
  • 必要以上に人と上手くやる事を考えてしまう人

こんな人は要注意です。

 

そして業務と関係ないようなパワハラ発言がでた時は毅然と言い返しましょう。

プライベートな事に及んだ時

「それって今関係あります?」
「私個人の事なので家族は関係ありません!」
「プライベートなことは業務に関係ありません!」

 

単なる悪口の場合

「ちょっとそれ、もう少し詳しく聞かせてください」
「え?それってどういうことですか?」

 

相手はもともと怖がっている上、冷静に物事を考える余裕もないので、正当な反論が必要な場合、こちらが冷静に毅然とした態度をとっていれば、意外とひるんで物事が沈下したりします。

今日は怒鳴る上司に対しての心理や対応について書きましたが、相手が怖がっているという事がわかれば、うっとおしいながらも対応する事も可能です。

 

しかし、なかには心優しいすぎる、気が弱いなど、どうしても怒鳴る上司を本能的に怖いと感じてしまう人もなかにはいると思います。

職場にいるだけでストレスを感じますし、そもそも無能な上司の元で働き続けるのも、職場自体も良い所とは言えないので、すぐに転職とは言わないまでも、

  • 転職サイトに登録しておく
  • 転職エージェントに登録しておく
  • エージェントに適職診断やヒアリングをしてもらう

上記のような転職サービスが沢山ある世の中なので、絶対に今よりも良い職場は見つかります。

 

また、転職エージェントに登録している企業は、実際にエージェントが会社の雰囲気等を見て審査している為、その会社の社風などをしる事もでき非常に便利です。

また、キャリコネや転職会議など、企業評判の口コミサイトにも登録しておき、在籍していた社員の表かも合わせて調べておきましょう!

 

自分がつぶれてしまう前にいつでも転職できる準備などをしておきましょう!

それでは!