仕事ができないと自己嫌悪。悩むな!それは合わない上司が悪い件!


どうも!転職・副業に1歩踏み出すブログ「フク業」管理人SOです。

このブログを見ている人の中には、仕事でミスが続いて上司や同僚から責め立てられ、自分はできない人間なんだと自己嫌悪に陥っている人もいるんじゃないでしょうか。

 

そんな状況になってくると会社を辞めてしまいたいと思ったりしますよね。

僕も過去にそんな経験はありました。

 

これは仕事に慣れてない事も原因も一つにはあるのかもしれませんが、こういうケースはあなたが仕事ができないというよりも、合わない上司のせいで仕事に慣れる事ができず、あなたを仕事をできない人間にしてしまう方が往々にして多いです。

 

貴方がその職場で力を発揮できない状況であれば、環境面が悪い可能性も高いので、転職をした方がいいと思います。

今日はそんな職場の環境について自信の経験を交えて書いて行こうかと思います。

 

合わない上司と居る事で生まれる負の無限ループ

会社の仕事の怖い所は、一緒に働く人を選べないという所です。

運よく上司や同僚に相性の良い人と巡り合う事ができれば、積極性をもって仕事に取り組みやすいですし、自分と周りがお互いに助け合う事で、問題に対しての解決も早く進むため、好循環を生むことができます。

 

入った職場がそんな環境なら良いんですが、相性の合わない上司がついてしまうと本当に最悪です。

 

合わない上司は自分の行動に対して全て疑問から入ります、そしてこちらの仕事にたいして懐疑的になっている為、仕事が問題なく行えている事でも、業務を進める過程で上司の意向と少しでもズレると厳しく追及するようになります。

 

例えば、メールやりとりで、内容に問題なくともちょっとした言葉の言い回し一つで追及される、など。

こんな状況になるので、仕事はやり辛いですし、窮屈な中で仕事を行うので当然ミスも生まれやすくなります。

 

そしてミスが発覚するとここぞといわんばかりに罵倒され、その後は更に監視も厳しくなる為、さらに委縮してミスが生まれて

 

罵倒 → 監視 → 委縮 → ミス という負の無限ループ

 

当然、上司の評価は下がるばかりか、こういう上司は同僚に対しても自分の悪い事を積極的にさらけ出す為、どんどん会社の居場所がなくなってしまいます。

 

平常心が失われ、本来できる簡単な事もできなくなってしまう

こんな負の悪循環が生まれてしまうと、もう自分でもなにが正しいのかわからなくなってしまいます。

 

デフォルトが上司から疑いの目を向けられている為、何をするにも、

「これをしたら何かまた言われるんじゃないか?」

こんな心理が根底に根付いてしまっている為、動きが鈍くなりますし、

 

上司は上司で

「コイツの粗を探してやろう」

という考えになっているので、嬉々としてミス待ちしてマウントを取る体制をとりがちです。

 

本来であれば簡単にこなせるような仕事だとしても、出来なくなってしまうんですよね。

 

何もしない方がマシと考え、そこでまたミスと罵倒が生まれる

この様な状態になってしまうと、できるだけ上司を関わらないような仕事の進めようと思うようになります。

何をしても相手がマウントを取る気満々なんですから、自己防衛したくもなりますよね。

 

しかし、そうなってしまうとそれはそれで、

今度は「仕事に対して何もしてない」とか言われてしまう。

 

さらに、上司と関わりたくないという心理から普通なら簡単に行うえるような連絡もおろそかになったりして、問題の種が生まれ、そこでまた無限ループ発動。

 

仕事をしても粗さがしをされ、仕事をしなければしないで何もしていないとみなされてしまい、仕事がどんどんできない人間と見なされてしまいます。

 

結果仕事ができない人間と感じ、自己嫌悪に陥る

こうなってしまうと、本来仕事のミスが自分に全て非があるワケではないとしても、周囲は仕事の結果だけを見ている為、仕事のできない人間として扱われてしまい、居心地は最悪な物とになります。

 

また、常に逆風の状態で精神もむしばまれるため、自己肯定感も失われる事によって、自分は仕事の出来ない人間だと錯覚して自己嫌悪になってしまう。

 

こうなると、うつ状態になって何も考えられなくなってしまうか、真面目に仕事をするのがバカバカしくなって非生産的な人間になってしまうか、どっちかしかありません。

よかったらこちらもどうぞ「職場で怒鳴る上司の心理と対応。大体無能だから委縮せず言い返す事は大事!」

 

あなたは仕事ができないと感じるのは会社のせい

という事で、あなたがもしも仕事ができないと自己嫌悪に陥っているのならば、それはあなたのせいではなく、単純に上司や会社があなたと合っていないだけという可能性を考えましょう。

むしろ、仕事ができないと自己嫌悪に陥るまで悩んでいるのは、あなたが本来真面目で実直だという事の裏返しでもあります。

 

そんな真面目なあなたが人の揚げ足ばかりを取るような所にいて、本来仕事ができる能力があるのに、それをむしり取られる事はありませんし、わざと非生産的な人間を作り上げる様な会社になんている必要はありません。

必要はありません、っていうかいてはダメだと思います。

人と合う合わないというのはその時に接したタイミングによる部分もあります。

なので、今そんな環境にいるとするならば、逃げて新たな場所で仕事をスタートするべきです。

 

現在は民間の転職サービスが利用者に対して適職診断を行ってくれる所も増えています。
特にエージェントは、担当者が利用者と面談を行い、過去の職歴、性格など、希望などを綿密にヒアリングしてくれるので、客観的に自分の事を分析し、希望する職種は勿論、自分では考えがつかなかった適職などの提案も行ってくれるので、非常に利用価値があります。

あなたに合った職場は必ずあります。

この記事が見ている方の参考になれれば幸いです。

それではまた!