失業認定日に求職活動が足りないとどうなる?前日に実績2回を作る方法


こんにちは! 副業・転職へ一歩踏み出せるブログの管理人SOです!

失業認定日に来所する事で支給される失業保険の給付金。
給付の条件には認定日までの認定期間中に一定の求職活動の実績を挙げなければいけません。

しかし、ついうっかりミスなどで認定日までに求職活動をしておらず、実績が足りない場合はどうなってしまうのでしょうか。

この場合は失業給付の総支給額は変わりませんが、支給されるタイミングが変わってきます

また、認定日までの求職活動は前日までに実績を2回作れば条件を満たすことができます。

その条件を簡単かつ早く満たせる方法があります。

今日はこの2点についてご紹介していきます。

 

うっかり!失業認定日に求職活動が足りない、失業保険の給付はどうなる??

まずは、失業保険の認定日に必要な求職活動の実績を確認していきましょう。
必要な求職活動の回数は以下の2パターンで分かれます。

  • 給付制限のないパターン
    (初回認定日まで3か月半待たない場合)
  • 給付制限のあるパターン
    (初回認定日までに3か月待つ場合)

 

給付制限のないパターン

この場合は、主に会社都合、特定受給資格者、特定理由離職者として失業し、給付制限期間を設けず、雇用保険説明から初回の認定日がすぐのパターンです。

この場合に、必要な求職活動回数は以下

初回認定日まで 求職活動実績1回(※説明会)
2回目以降の認定日まで 求職活動実績2回以上

 

説明会から初回認定日までは、時間もなく求職活動が1回ですみます。
なお、説明会での初回講習を受講することで、1回の実績と換算されるので実質初回の実績は必要のない状態と言えます。

 

給付制限のあるパターン

この場合は、主に自己都合で退職した場合。
初回認定日まで3か月半の給付制限期間があります。

必要な求職回数は以下

初回認定日まで 求職活動実績3回(※説明会+2回)
2回目以降の認定日まで 求職活動実績2回以上

 

初回認定日までの期間が長い分、必要な実績も増えています。

2回目以降は、どちらも2回以上の求職活動実績が必要となってきますので、よく確認しましょう。

 

失業認定日までに求職活動が足りないとどうなる?失業保険の給付は?

失業認定日までについうっかりミスなどで求職活動の実績が足りなかった場合、
その1回の認定期間分の失業給付金は、後ろ倒しでの支給となります。

 

例えば、6、7、8月が給付期間の場合。
(実際の給付日数は28日ごとの期間となりますが、ここでは例え話の為、ザックリと1か月単位で例えています。)

7月の認定日に来所できなかった場合、9月が認定にとなって後ろ倒されるといったイメージです。

 

なので、認定日までに求職活動が足りなかったからと言って、失業給付の総支給額が変わる事はありませんのでご安心ください。

 

前日までなら挽回可能!求職活動の実績2回を作る方法。

そうはいっても、失業保険の給付が1回分先送りされるのも失業中の身としてはなかなか辛いですよね。

求職活動の実績は、認定日の前日でも2回分の実績がつけばOKなので、前日にハローワークに来所して、職業相談+エントリーを行っても2回分の実績は作れるのですが、なかなか足を運ぶのも難しかったり、閉庁してしまった後だったりする事もあると思います。

 

その点で、一番早く、確実に実績を方法は

インターネットの求人サイトから2社に応募する事です。

流れとしては以下のようになります。

①求人サイトに登録する

②自分が希望する職種から、2社選ぶ

③それぞれの応募フォームから「面接希望」を送信する

 

失業認定日の求職活動の実績は、求人サイトから1社へ応募するだけでも、求職活動1回と換算されるので、前日に2社へ応募すれば、例え前日の夜だったとしても実績になります!

 

この2社分のエントリーの実績を、認定日当日に失業認定申告書の求職活動の欄に記載すればOKです。状況の記載欄には「エントリー済み、合否待ち」のような感じで書くと良いでしょう。

 

まぁ、この方法は認定を決める側からすれば、心証としては良くはないですが違反ではありません。万が一認定日までに求職活動をし損ねた場合には、この方法を使って実績を作りましょう。

ただし、このような事が連続して起こる場合には、職安担当者に怪しまれ、不正受給の抜き打ち検査の対象となってしまったりもするので、やるなら一回限りにしておきましょうね!

 

虚偽の報告だけは絶対しちゃダメ

念のため、虚偽の報告をしてしまうと、これが後に発覚した場合、虚偽の報告として不正受給の対象となります。
そうなると、後に受給した分の給付金の返還+追徴金(返還額の最大2倍)の罰金を納めることになります。

最大で受給した額の3倍になり、その後2度と失業保険の受給もできなくなるので、絶対にやらないようにしてください!

 

あとがき

さて、今日は

  • 失業の認定日までに求職の実績が足りない場合にどうなるか?
  • 認定日前日に求職活動の実績2回分を作る方法

 

こちらを紹介しました!

認定機関に求職活動を行わなかったといって給付金が減るわけではないですが、やはり色々不都合は発生してしまうので、認定期間中にはしっかりと求職活動を行いましょうね!

それではきょうはここまで★