派遣社員へ雇い止めを理由に契約外の仕事を振る会社!対策は断り続けるだけでOK


雇い止めをチラつかせて契約外の仕事を押し付けてくる会社。

転職・副業へ一歩踏み出す管ブログ・フク業管理人のSOです。

ネットサーフィンしていたら、とある掲示板で

私の所属部署(20人ほど)に1人だけ派遣社員が在籍しているのですが、仕事に対する意識がとても低くて頭にきます。

その派遣社員は20代の若い女の子で、自分はその子の上司にあたるのですが、とにかく「私は派遣社員なので」とやんわりですが契約外の業務を断ります。
勿論、全部断る訳ではないのですが、契約内容とは全く異なる業務については100%引き受けません

それは社会人として如何なものか?
みんなチームワークで作業してるのに、自分だけ関係ありませんという態度はあまりに身勝手ではないかと。

 

こんな質問を見かけました。

 

実は僕もある派遣先で上司からこんな事をいわれたことがあります。

 

「君もさ、もう少し担当範囲を広げてくれないかな、じゃないとグループの内で誰を切るかって話になったらまっさきに切られちゃうよ?」

 

さっきの掲示板の質問者と言い、そろいもそろって何いってるんですかねコイツらは、アホかと。

 

まぁ、現実問題こういう事が起こっている派遣先ってそれなりにあると思いますが、こういうのは立派なパワハラな上に、悪いのは派遣先です。

こんなパワハラには断ってもらって構いませんし、最悪これで切られたとしても問題ありません。

今日はそんな派遣先の対策。
断っても構わない理由や、雇い止めにあっても問題ない理由について書いていきます。

 

契約外の仕事を担当させるのは契約違反

派遣社員は、その当たり前ですが直接雇用ではありません、派遣元と派遣先は一定の業務の範囲を取り決め、その作業員として派遣社員を働かせる契約を結んでいます。

したがって業務内容には明確な範囲が定められており、むしろ決められた範疇以上の業務は逆に行わせてはならないのです。

なのでこんな事をいわれたならば、明確な契約違反です。

しかも雇い止めを理由に仕事を押し付けてこようものならば、これは立派にパワハラが成立します。

この時点で違反しまくりなので、派遣先に通報するなり、法律に訴えるなり堂々と反撃して構いません。

 

会社は正社員にするか、正社員を雇えばいいけど、こんな会社はロクでもないからいない方がいい

業務外の仕事をさせるならば、派遣先は元から正社員を雇えばいい話です。
しかし、その人件費をねん出するのを渋っているから派遣社員を雇っているワケで、そんな会社が仕事を押し付けてくるなんぞ、

金はやらねーけど、もっと仕事しないとクビにするよ?

押し付けっていうかもはや脅しですね、

 

派遣社員だって、正社員よりも昇給がない、交通費が出ないなどのデメリットがある上で働いているし、扱いだって正社員とは違う。

それを仕事量だけ正社員並みに扱うなんて勘違いも甚だしいです。

 

それにこんな脅しをかける会社は、会社も社員が仕事のやる気を引き出させるような物がなにもない裏返しでもあります。そして業務改善をする訳でもなく、恐怖心を煽りにビビって使いまわせる人だけ使いまわしてしまおうっていう思考、マジで腐ってますね。

そこで残って働いている人たちも、煽りに屈して卑屈になっている人が多いので、縦の関係も横の関係もロクなもんじゃありません。

そんな所にいてもストレスが溜まって行く一方と言えますね。

 

対策は断り続けるだけでOK、最低半年たてば失業保険の特定理由離職者の優遇もあるしなんとでもなる。

さて、そんな職場の対策ですが、もうこれは断り続けるだけでOKだと思っています。

そもそも契約違反なので業務外の仕事を断る権利はありますから。(というか元々振っちゃだめだし)

まぁ、それでも派遣先がこんな脅しをかけてくるのは、派遣社員も雇い止めになったら収入が途絶える恐怖心を見透かして足元を見て振ってくるのですが。

しかし、派遣社員は雇用保険に最低半年間(正確には満6か月の雇用保険受給期間)加入していれば、派遣先からのこんな雇い止めにあった場合は、

失業しても、特定理由離職者といった扱いとなり、

  • すぐに失業保険が入ってくる
  • 国民健康保険の保険料が最大7割減になる

などの優遇措置のある失業者として認定されます。
なので、雇い止めにあったとしても3か月間は収入が途絶えることはありません。

という事で、業務外に振られた仕事が堂々と断って良いです。

 

それに、こんな雇い止めでしか社員を扱えない会社にいても仕方ありません。今は派遣なら特に仕事の案件は沢山あり、よほどのことがなければ次が見つからないという事もないでしょう。

そしてよりよい職場を見つけるためには、複数の転職サービスに登録しておく事が望ましいです。

それぞれの転職サービス会社によって特色や自分に合う、合わないなどもありますので、選択肢はなるべく多く持ってセーフティネットを広くしておくと良いです。

それではまた!