愛社精神は持つ必要性がない!押し付ける会社は完全にブラック企業!


愛社精神、なにそれ美味いの?

どうも!転職・副業に1歩踏み出すブログ「フク業」管理人SOです。

僕が過去に働いていた会社は残業代を一切出さない会社でした。

にも関わらず、残業を命じてられる事が度々あったので、それを拒否した時に言われた言葉
「お前は愛社精神がないのか?!」

・・・・・いやー愛なんてもっともらしい言葉を使って、イラッとしますよねw

そんな愛社精神を押し付けてくる企業に限ってブラック企業が多いです。

今日はそんな理由と、ディスる記事を書こうかと思います。

 

愛社精神っていうけど、それって押し付けられるモンじゃないよね。

そもそも論なんですけど、愛って、自分から相手を好きになって初めで湧き出る物ですよね。
僕は結構感情に動かされたりするタイプなので、相手の事が好きだったら自分に多少の不利益はあれども、相手の為に行動したいなって思う事があります。

それは会社であってもプライベートでも。

なので、昔勤めていて好きだった会社には多少待遇での不満はあっても、その会社が好きだから多少の残業や休日出勤もそんなに苦ではありませんでした。
むしろ残業も率先してやっていました。(本来はそれでも残業代は出してもらうべきなんですけどね)

その理由は、その時は僕が会社からの愛情や恩義を感じていたから。
しかし会社から愛社精神が~、なんてことは言われたこともありません。

愛社精神は強要されるものではなく、会社から大切にされていれば勝手に湧き出るものなんです。

 

愛社精神が出ないのは会社が社員を大切にしてないからに決まってんだろ

僕がそれを顕著に感じたのは家族経営の会社で働いていた時。その会社はほぼ親族のみで構成されていました。親族同士はきっと仲はよかったように見えます。

まぁそれ自体は別になんでもないんですが、そこの会社のムカつく所は、利益は親族がゴッソリ持っていく所。こちら外部の人間が頑張れば頑張った分だけ、吸い取れられていくんですよね。

さらに、ソイツらは面倒な仕事は親族には押し付けられないから必ず外部の社員に強要させてきていました。それであいつらはのほほんと仕事をして毎日定時で帰っていってましたね。

そんな状況でサビ残を押し付けられて拒否った時に

「愛社精神が~」とか言われても「はぁ?ぶっつぶすよ?」って感じですよ。

  • サビ残を強要される
  • 面倒な仕事は一方的に振られる
  • でも待遇はあがらない

これのどこに愛社精神を持てる要素があるのかw
お前らが社員を大切にしてないのに愛社精神なんてもてっかよって話です。

付き合った彼女が後々超わがままな性格な事が発覚したけど「付き合ってるならなんでもできるでしょ?」って滅茶苦茶言われてる感じですよね。
盲目になって相手を好きだったり、ワケありならいざ知らず、殆どの人は逃げてきますよねそりゃ。

僕は経験から家族経営の会社を例にしましたけど家族経営とか関係になしに、待遇はあげないのに労働だけ押し付ける様な会社は多いと思います。

 

会社は金を稼ぐ所、愛社精神持たすなら待遇上げろ

会社で働く意義はお金を稼ぐ事です。殆どの社員はそう思っています。
別に愛社精神を持とうが持たなかろうが、キチンと仕事をこなしてしかるべき賃金さえ受け取れれば問題ない場所というのが本来の形。

そんな待遇に関しての改善も見せず、仕事だけ押し付けて本来ある形をゆがめているのは会社なワケですから、そこに愛社精神が生まれないのは当然です

愛社精神を持てなんて言わなくても、来月から給与5万円アップします!って一言いえば殆どの社員は愛社精神を勝手に持ってくれますよ。

しかし社員に対して利益を与えられる物がないから、無理やり愛なんて言葉を使って自分たちの社員に対する支払い能力のなさをもみ消してるんですよね。

昔は終身雇用制や年功序列などで働けば順調に待遇が上がり、愛社精神や忠誠心を持つ意味が多少はあったのかもしれませんが、今は時代が違います。

 

愛社精神を盾するのは悪質な労働搾取を働いているか、無能な会社。どちらにしてもブラック企業

愛社精神を盾に労働ばかりを強制して対価を支払えない会社は、

どんなに頑張っても利益を上層部が搾取するか、業績もあがらずそれに対する方策が考えられない無能な会社である可能性が高いです。

現状で業績があがっていない会社でも力がある会社であれば、会社は愛社精神という曖昧な言葉は使わずに将来に対する明確なビジョンや労働改善を打ち出しますから。

 

どちらにしても、そんな企業はブラックです。
そこで働いている限りまともな労働環境にはなりません。

労働力を搾り取るだけ搾り取って全うな対価を支払いをしないのは、いわば人間を人間としてみていないって事ですよ。狂ってますよね。

そこに愛なんて言葉を使うとは笑止千万もいいとこです。
百歩譲ってもそんな愛は狂愛、狂った愛は人も狂わせてしまいます。

そんな狂った愛情を会いつけるような会社で自分の身を犠牲にする事はありません。不当に労働を搾取されて潰される前に自分の身を守りましょう。

きっと本当に自分の内から愛社精神が湧き出る所は必ずあります。

 

現在は民間にも数々の転職サイトやエージェント等の転職サービスがあります。
いますぐ転職するかは別としても、こういったサービスに登録をしているだけでいつでもスムーズに転職活動を始める事が出来るので、事前に準備をする事はとても重要です。

特にエージェントは、担当者が利用者と面談を行い、過去の職歴、性格など、希望などを綿密にヒアリングしてくれるので、客観的に自分の事を分析し、希望する職種は勿論、自分では考えがつかなかった適職などの提案も行ってくれるので、非常に利用価値があります。

どれも無料で登録できるものなので、是非とも登録して自分の人生を有利に進めていきましょう。

 

あなたに合った職場は必ずあります。

この記事が見ている方の参考になれれば幸いです。

それではまた!