転職10回30代副業リーマンの経歴書3 意外な形で正社員面接へ


こんにちは!フク業管理人SO です。

 

僕は30代で10回に渡る転職経験を繰り返し、
現在は副業をしながら派遣として働いている兼業リーマンです!

その中には正社員、派遣、業務委託、バイト、
会社の規模も大企業から中規模、小規模の会社、様々な所に在籍もしましたし、
副業も始めました。

僕の簡単な経歴はこちら仕事が辛いなら辞めても案外大丈夫さ!転職10回30代俺の経歴

そんな僕の経歴を赤裸々に語りながら、
転職や副業をしてみたいけど、どう動いていいかわからないって考えている方に
役に立ちそうな情報をお届けするできたらいいなと思ってます!!

 

第3回は意外な形で僕が初の正社員になった話!キーワードは就職フェアです。
それではいってみましょう!!


スポンサードリンク

 

 

転職10回30代副業リーマンの経歴書03

 

さて前回(第02話)では、実務未経験だった僕がグラフィックデザイナーの正社員を目指し、
経験を付けるために派遣社員として就業して働いた事を書きました。

 

そこでデザイナーはもとより、社会経験すらなかった僕に
社会人としてのノウハウを教えていただいた事は大きな糧になったと思ってます。

 

就職活動を再開

そこで半年ほど経ち、微々たるながらも実務経験が少しついたところで、
正社員となる為にポートフォリオ(デザイナーが面接の時に企業にアピールするための作品集)も
作りこみ、履歴書も練り直し、就職活動を再開しました。

 

活動の手ごたえとしては、学生の頃には何十社受けても
箸にもひっかからなかった時と比較すれば、書類審査が少しは通るようにはなった感があります。

とはいえ面接でも結構落とされましたし、依然として簡単な道のりではありませんでしたが、
書類審査を前より通過できるようになった実感を得られた差は大きい!

この実感が得られたことで、面接で落とされたとしても、
モチベーションが高く保てるようになりましたので。

就職や転職活動で大事な事は
メンタル面を高い状態で維持出来る事だと思います!

そしてそんな調子で活動をし、とある就職フェアに参加した時、転機が訪れました!


スポンサードリンク

 

 

転職フェアから意外な形で正社員への道が開けました

 

僕が参加したのは、東京国際フォーラムで開かれていた、
転職フェアで、規模はかなり大きく(うろ覚えですが50社以上はあった気がします)
こんなに数があるなら期待できそうだ!!と喜び勇んで参加した記憶があります。

とりあえずはエントリーフォームを記入し、片っ端からさがしていくぞー!
意気揚々と企業のブースを見て歩きました・・・

が!!

企業の数は多くとも、募集しているのは

・営業職
・システムエンジニア
・事務系
・販売員

殆どが上記に該当する職種ばかりでした。

今でこそ、Web系のデザインの求人は増え、
一般企業でもデザインの職種を募集している事は結構ありますが、
当時はグラフィックデザイナーの職種は今よりも特殊な位置づけだったので、一般企業で募集している所がほぼない・・・
(デザイナーを募集している主たる企業は、中小のデザインプロダクションが中核をなしており、
そのような会社がブースを出展することはあまりない)

 

しかし転機は訪れた!

うわーーーー、しくったなぁ・・・
最初の期待値が大きかった分、これは結構へこみました。

ただ、自分の長所(短所?)は諦めの悪い所w

絶対なにかあるはずだ!
そう思って粘り強くブースをあたると、
ペーパークラフト製品が飾り付けてあるブースがありました。

これは!!と思って担当者の方に話を伺いました、
そこは紙製品を扱うメーカーで、当時印刷系のグラフィックデザイナーを
目指していた僕は、やりたい事に近しい事に興味をそそられました。

・・・がしかし、そこも募集職種は営業職・・・

あーーーー残念っ><

と思いながらも、人事の方がとても話しやすい方だったので、
狙ったワケじゃないんですが、自分が目指している事を話した時。

 

転機は訪れました!

 

なんとその会社、丁度デザイナーに欠員が出るみたいで、
これから募集を検討している所だといったのです。

 

これは!と思い、僕は余すことなく熱意を伝えた所!

 

「じゃあ今度、面接受けてみる?」

 

天の一言が!!うおーーーーきたーーーーーーーーー!!!!!

 

そして、後日、面接の日程が決まり、
とにかくここでも熱意を伝えまくったおかげか、とんとん拍子で選考も進み。

 

ついに正社員となる事ができたのです!

いや、嬉しかったなぁ。

 

ポイントはダメもとで突っ込んでみるべし!

 

そんなこんなで、就職が決まったのですが、
僕の転職活動の経験上、企業が公に自分の希望の職種が募集を出していなくても、
実は募集をしていたというケースがは意外とありました。

 

もしも自分がちょっと興味あるな~なんて思っている会社があったら、
ダメもとで希望の職種について問い合わせてみるのはアリだと思います。

 

それに現時点で縁がなかったとしても、その会社に欠員が出た、とか増員が必要になった!
そんな事が起きたとき、そこでのコネクションから意外な形で、連絡が来ることもあったりするので。(実際にそんな経験もありました。)

 

僕には弟がいますが、弟も目指している業界の会社に入る為、
企業が募集をかけていなくても、片っ端から電話をかけまくって、
面接にこぎ着け就職が決まった事もあります。

あまり正攻法なやり方ではではありませんが、そんなケースで就職が決まる場合もあるようです!

どうせ元々可能性のない所からのスタートなので失うものはありませんから、
就職や転職を考えている方へ、攻めの姿勢で活動することで
意外な道が開けることもある事を、頭の片隅においてもらえたら嬉しいです。

 

まとめ

 

企業が募集をかけていなくても、興味があったら問い合わせるべし!

 

ってことで今日はここまで!
次回は、正社員としての生活をしながら、
趣味に没頭しまくったアホな俺の話をしようと思います。

それでは★


スポンサードリンク