日商簿記2級を独学で猛勉強し短期合格!30代転職10回男の経歴書7


こんにちは!

30代で10回の兼業サラリーマンが転職経験が自身の経験を交えてお役立ち情報をお届け!

フク業・管理人SO です。

この記事は主に

  • 未経験から経理になりた人
  • 知識0から日商簿記2級を取得したい人

 

こんな人におススメです!

 

 

今日は俺の経歴シリーズ第7回です!


スポンサードリンク



知識0から経理になる為に、日商簿記2級取得の勉強開始!

前回の記事で、僕はデザイナーから全く畑違いの経理の転職を目指し、
日商簿記2級を取得しようと決めまして。

もちろん知識はありませんし、大学だって政治系の学部でしたので、
正真正銘知識0からのスタートでした。

試験までは4ヶ月弱くらい、全くの初心者としてはそれなりに高いハードルではありましたが、

失業保険と貯金を合わせ、その後の就職活動の事を考えると生活資金的にはそれくらいが丁度セーフティゾーンの限界点だったので、やるしかないって感じでした!

そんな僕ははじめに、合格する為のスケジュールを立て、
まずは基礎固めからはじめようと、日商簿記の3級から勉強しました。

 

初めは図書館でもくもくと勉強していましたが、地元の図書館は17時で閉まってしまうため、途中からは夜でも開いているミスドや近くの大学の図書室とかに潜って勉強していましたね!

 

ちなみに大学って勉強に集中できるだけでなく、

  • 学食にいけば安価でご飯も食べられるし、量もあるし美味しい
  • ちょっとした買い物にも困らないし
  • 場所によってはインターネットも使える
  • コミュニケーションスキルがあれば食堂の人や学生と気軽に話して気分転換が出来る
  • なんか学生気分を味わえる

 

いくつか本分とは関係のないものもありますがw

学校というだけ会って勉強スポットとしてはかなり優秀です!良かったです!

近くに大学がある人はささっと潜って勉強しちゃうのはアリだと思います!

 


スポンサードリンク



苦手分野克服にスクールも併用、勉強時間も増える!

そして資格試験合格のために立てたスケジュールを着々と日々繰り返してこなしたお陰で、だいぶ知識もついてきました。

一方、同時に自分の苦手な部分もわかってきて、
それを補う為に、僕は簿記資格試験合格に向けた、国が開いている週1回の無料のスクールにも参加しました。

 

スクールは通学に1時間かかり、

授業時間も週1回、2~3時間と、時間としては短いスクールでしたが、

 

  • 試験勉強の中で自分の苦手な所をピンポイントで講師に聞けた
  • フリーターになると節制の為、基本遠出をしなくなるので、少し気分転換に外へ羽を伸ばしに行くような感覚を持てた

 

こんな事から勉強の効率性やメンタル的な部分でも結構助けになったと思います。

 

また予断ですが、フリーター時代は前述の通り、外出はめっきり少なくなりましたが、その中でもフットサルは続けていました。(というよりか、フットサルやる時間がもう少し欲しくてやめたんですけどねw)

そこで誰かしらと接したりする機会があったので、メンタル的にはかなり支えになっていましたね^^
趣味があるっていいなって改めて感じたときでした。

 

そんな日々を送り、勉強時間は初めは2~3時間だったものが、

5時間、6時間と増え

試験の直前は朝起きて速攻で机に向かい、

夜中の就寝まで机から全く動かず、文字通り寝るとき以外は全て勉強!って感じで、

15~6時間やってたと思います。

 

受験でもあんなに勉強してなかったかも。。

多分人生一番の猛勉強・・

猛勉強・・・

もう勉強いやだ・・・・・・

 

 

ってくらいやったお陰で。

見事合格する事ができました!!!!

 

4ヶ月弱で見事日商簿記2級取得

 

自己採点の時は当落線上って感じだったので、

 

合否の発表が出るまで毎日心のどこかでドキドキしながら生活していたので
嬉しかった。

 

努力が報われたことこの先の未来がちょっとだけ開けると感じられて
ホントに嬉しかったな~!

そんな感じで無事に日商簿記2級の資格を取得し、
僕は未経験から経理への転職活動を始めることになります。

そして、ここから、、、思いもよらぬ暗黒期が始まります。

あぁ、思い返したくない・・・・・ホントw

それではまた次回!

読んでいただきありがとうございました。


スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA