退職を伝えるのが怖い貴方に!勇気が出る俺の体験談【上司・人間関係】


この記事はこんな人に向けて書いています。

 

  • 職場の環境に居辛く、退職を決めているが伝えるのが怖い人
  • 上司に言い出す勇気が持てない人

フク業管理人SOです。

 

退職を伝える事って大きなプレッシャーを伴いますよね

 

職場の労働環境、人間関係がよくなかったり、とりわけ上司と上手くいっていない状況で自ら退職を伝える事はホントに怖いです。

僕も理由は様々ですが、10回転職を経験しその中で今言ったような退職を伝える前の怖さも何度か経験しています。
その気持ちは痛いほどわかります。

 

しかし結論から言えば大丈夫

今日は僕の過去の体験等をもとに、退職を決心しながら伝えるのに勇気持てない人に記事を書いていこうと思います。

 

 

退職を伝えるのが怖い!勇気が持てない要因は?

退職を伝えるのが怖い人は、多くの場合その環境に居辛さを感じていると思います。

  • 仕事で上手くいかないことが続き、上司や周りと接しづらい
  • 人間的にソリが合わず溝が深まった。
  • 労働環境が合わない

 

色々あるとは思いますが、いずれにせよネガティブな状況に陥り、
自分の行動に自信が持てなくなっている状況だったりする事が多いです。

 

 

そんな中で退職を伝えたら

  • 退職を伝えることで上司から色々言われるんじゃないか
  • 仕事を抜けることによって迷惑をかけるんじゃないか
  • 辞めるまでの間、周りから嫌がらせを受けるんじゃないか
  • 次の仕事が決まってない場合、先が見えなくて怖い

 

など、要因をあげればキリがない。。

 

ただでさえ上手くいっていない環境で退職の意思を伝える事はホントに怖いです。
そりゃ勇気がでなくなるのも当然だと思います。

 

でも結論から言えば、ポイントを知れば大丈夫です、勇気持てます
さて、そんなポイントを、退職を伝えるのに障壁となっている色んなケース取り上げながら見ていきましょう!


スポンサードリンク

1.上司に言い出すのが怖い

 

退職を決意する上で伝えるのが怖い時って、このケースである事が大半だと思います。
退職を伝えるのに絶対避けて通れないが、一番伝えづらい相手ですからね。。

 

もちろん僕もそんなケースに直面したことが何度かあります。
今日こそは上司に退職届を持って伝えよう!と決意しながら、
いざその場面に立つと右往左往してしまい、一週間が過ぎ去った、、なんてこともありました。

ですが、不思議な事に退職を伝えて上司と揉めたことはほぼありません
(特殊な1回を除いて)

 

それが退職を伝える少し前でさえ怒鳴られたりするような上司であっても、です。

 

上司が考える事は退職する貴方への憤慨、ではなく会社が円滑に回る事

上司という人間は従業員の退職問題はもとより、会社の大きな問題にいくつも直面してきています。
上司(もとい会社)にとって最も重要に考えている事は

会社が円滑に動く為にはどうすればいいか。

この点です。

なのでこちらが常識に反した事をしない限りは、
殆どの場合、上司は従業員の退職にあたって冷静に対処してきます
ガミガミ揉めたところでそれは会社の不利益に繋がりますし、退職問題に向き合う事も上司の仕事の一つと知っていますからね。

 

その点を踏まえて、こちらが取る行動で大事な事は、

  • 業務の引き継ぎ
  • 退職時期

 

これらをできるだけ会社の業務に穴を空けないように上司と歩み寄る姿勢を見せることです。
やむを得ない場合を除けば、このような姿勢で臨めば、滅多な事で揉めることはないでしょう。

 

話してみたら意外とすんなり抱えていた問題が解消された、という事になると思います。

 

その為に、退職を伝えるまでには、退職準備の期間も考慮して十分に計画を練ってください!

 

嫌味を言われたとしてもその時には気にならない心理状態になっている

また、もしも多少の嫌味などを言われたとしても問題ありません。
あなたは退職を申告できた時点で、

 

嫌味を言われる辛さ    退職を伝える事の出来た達成感

 

こんな心理状態になっているハズです。必要なのは少しの勇気。大丈夫です。

 

注:明らかに深刻なパワハラを受けている場合などは、この限りではありません、
この場合は労働相談窓口、人事部等に相談してください。

こちらもどうぞ 理不尽な上司がクソうざい!パワハラにストレスを貯めずに転職しよう!

 

2.仕事を抜けることによって迷惑をかけるんじゃないか?

もしかしたら、あなたは自分が退職する事によって周りに迷惑をかけてしまうと思い、
自責の念から退職を伝えづらく思っているかもしれません。

 

確かに、あなたが辞めることによって一時期は周りに負担がかかるかもしれません。
しかしそれはあくまで一時期の事です。

 

周りの事はもろもろ心配しなくても大丈夫!必要なのは引き継ぎ。

あなたが行っていた業務は周りの誰かが引き継いだり、欠員を補充するなりして、
ものの数か月もすれば何事もなかったかのように会社はキチンと回り続けます

 

僕の場合、担当する業務をこなせる人間が自分1人しかいないという職場で勤務していた事があります。
その時ですら、僕が抜けたとしても会社は今でも回っています。

 

もし自分一人が抜けて大崩れするような会社であるならば、むしろそんな会社である事自体が危険だと思った方がよいでしょう。

 

ただ、ここでも大事な事は、出来るだけ周りに負担のかからないよう、

  • 周りに引き継ぎをする事
  • 引き継ぎ資料を作成しておく事

 

退職までの準備をきちんとしておきましょう。

ここさえ抑えておけば、周りから嫌がらせを受けることもほぼほぼありません。

大丈夫です。


スポンサードリンク

3.次の仕事が決まってない場合、先が見えなくて怖い

退職を伝えるのが怖い要因の一つは、次の仕事が決まっていないからという事もあると思います。

 

次に進むべき所が見つかっていない不安は怖いですよね。

 

その不安を拭うためにはやはり色々準備をして置くことだと思います!

 

具体的に書くと

 

一つはお金の問題です、その為の準備は

  • 貯金をしておく
  • 失業保険についての知識をつけておく

 

貯金はいわずもがな^^;

失業保険は適用されれば、ざっくりですが「給与の約6割位」が「最低3か月分~」入ってきます。
ただ、通常は申請してから受給されるまで3か月待たなければならなかったり
(これを給付制限期間といいます、条件を満たせば申請の翌月から直ぐに受給される場合もあります)

色々細かなルールがあるので、受給額や受給できる期間なども含めて、退職の前に色々調べておくとよいと思います!

 

もう一つは転職の問題、その為の準備は

  • 転職サイトに登録しておく
  • 転職エージェントに登録しておく

 

これも退職の前に済ませておくとよいと思います。

退職前に次の仕事が見つからなかったとしても、転職サイトに複数登録しておくことで、
退職後の動き出しがスムーズになったり、退職前に次の一手を踏んでいるという実感は大分心理的に負担が軽くなりますので!

また、転職エージェントは、希望する仕事や条件の登録をする事で、人材紹介会社があなたの代わりに動いて転職先を探して紹介してくれるサービスです。エージェントを活用すれば在職中でも転職活動の負担が随分と軽減されるので、こちらも登録しておくことをおすすめします。

まとめ

退職を伝える時に僕の思う事を書いていきましたが、

ポイントは

  • 退職までのプロセスや時期について会社と歩み寄る姿勢をもつ
  • 引き継ぎをしっかりする
  • 貯金をしておく
  • 失業保険についての調べておく
  • 転職サービスに登録する
  • 転職エージェントに登録する

貯金に関しては一朝一夕にはいかないかもしれませんが(そのために失業保険についての知識は大事!)

その他はすぐにでも実践できると思います。

この辺りを抑えておけば、退職を伝えるにあたって随分勇気が出てくると思います!

以上、参考にしてみてください!!

それではまた!


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA