退職の決断に迷い。しつこい引き止め周りの反応は気にせず辞めるべき理由!


どうも!転職・副業に1歩踏み出すブログ「フク業」管理人SOです。

今いるブラック企業を辞めたい、そして辞める決断もできたものの。
それを伝えると引き止めにあったりします。
特に人の足りないブラック企業などはあの手この手を使ってしつこく引き止めてくることも。

さらに引き止めは職場に限った話ではありません。
友人や親など、プライベートでかかわる人たちも引き止めに入る事もあるでしょう。

そんなことが重なり、決断に迷いが生じるかもしれませんが。
僕が思うに、そこがブラック企業で消耗していた場合は周りの反応など一切気にせず辞めるべきだと断言します。

今日はそんなことを書こうかと思います。

 

会社からのしつこい引き止めに惑わされるな

まず、やはり多いのは会社からの引き止めですね。
これはあなたがよほどその会社で仕事ができない人材だったという事がない限りは、大なり少なりの引き止めには合うと思います。

大体の場合はそのまま退職の意思を押し通せば応じてくれるのですが、ブラック企業はあの手この手でしつこい引き止めをしてくる場合があります。

下記に引き止めでありがちな例と、合わせて引き止めを迷う必要のない理由を書いて行こうと思います。

 

人手が足りない

一番多そうな理由がこれ、人手不足や引き継ぎそ十分にしない事を引合い出すケースですね

  • お前が今辞めたら仕事が回らないだろ
  • 引き継ぎもしないでやめるの?認めない
  • この忙しいのを見ればわかるだろ、何勝手な事言ってんの?

とかですかね。

優しい人や責任感が強い人などは、会社に言われずとも自ら責任を感じてしまい、上記のようなことを思って退職に迷いを生じてしまうのですが。

これに関してあなたに責任は一切ありません。

労働基準法では退職の2週間前に届け出を出せば自由に辞める事ができます
正当な権利なので裁判沙汰になる事もありません。
こちらもどうぞ ブラック企業を一言も話さず2週間で辞める方法。理由も要らないし怖い事もない!

なので、会社はいくら不利益を被ったとしてもそれはあなたのせいではありません。

会社はそれが嫌ならば、日頃から誰が抜けても仕事が回るような人員体制や情報共有等の仕組みを作るべきなので、会社の責任です。

引き継ぎなどはあなたが会社に恩を感じた時に行えばよいのであって労働基準法の期間を超えて行う義務はありません、責任を感じるのは人情だとは思いますが、気にせず退職しましょう。

それにこんな人員も業務の仕組みもずさんな体制で行っている会社にいても良い事はありませんし、そんな会社で耐えながら働いたところで価値がないですからね。

余談ですが、本記事で書いているのはブラック企業で抜け出したい場合は周りの事は気にせずやめようという事を描いていますが、会社を円満に辞めたいと考える方にはこちらも参考になるかと
退職を伝えるのが怖い貴方に!勇気が出る俺の体験談【上司・人間関係】

 

ここを辞めても他で通用しないなど 心理的な揺さぶりも気にしない

会社はあなたが辞める事に対して、圧力をかけたり心理的なゆさぶりで引き止めてくる事があります。

「ここで辞めてどこ行くの?お前なんてどこに行っても通用しない」

只でさえブラック企業で精神をすり減らして自己肯定新を奪われたり、判断力が鈍った状態でこんなことをいわれると真に受けてしまい、将来が怖くなって退職を一瞬迷ったりもしますが、これも気にする必要はありません。

会社で働くことは能力的な物もある程度は必要ですが、一番大事な事は相性です
今の会社で通用しないと仮に言われるのならば、それは会社の求めてる能力と自分の得意な能力が食い違っているだけです、場合によっては自分に能力があっても人間関係のせいで発揮できない可能性もあります。

自分の得意な事や好きな事、性格を見直して自己分析をしっかり行えば必ず活躍できる職場はあるので、大丈夫です。

 

プライベートな人間関係の引き止めも気にせず、直感に従おう

親や友人など、プライベートな人間関係の人が引き止めてくるケースもあります。
自分の事を心配して言ってくれる側面もあるので、ある意味有難い事ではあるのですが、これらの引き止めも迷う必要はありません。

引き止めをする人は

  • ブラック企業を経験したことがない人
  • 転職をした事がない人
  • 社畜根性丸出しでドM体質MAXな人
  • 年功序列などに守られてきた世代

こんな感じではないでしょうか、その中で、「甘え」や「根性がない」と言われたりすることもあります。

こういった人たちをは置かれてる土壌がそもそも違ったりしますので、当事者のような経験がした事がない可能性も高く、理解してもらえる事は余りないでしょう。

まぁ人それぞれ、と言い出すとキリがないのですが、当事者と同じような経験をした事がない人(社畜根性丸出しの人は除く)からの意見は共感できるものだけもらって、自分の直感の方を大事にするべきだと思います。

 

いざとなったら会社は向こうから切り捨ててくる、退職はお互い様

今日は会社を辞める決断をした時に引き止めにあった場合の考え方を書きましたが、ブラック企業は人を人扱いません。

人材不足となればあの手この手を使って退職の引き止め工作を行ってくるでしょうが、仮に次の日に用済みと判断された場合、手のひらを返したように容赦なく退職への追い込みをしてきます。

 

僕自身も上記に書いたような経験をしていますが、本当に短期間で同じ人間とは思えない様な態度の変化に若干人間不信気味になりかけました。

これはしつこく引き止めをしてくる会社ほど強い傾向にあります。
こんな感じで会社だってこちらを強制的に退職させる事だってあるので退職はお互い様

やめると決めたら周りの反応に振り回されずに、自分の考えを大切にぶれずに行動していきましょう!

 

また、退職する事を決意したら、合わせて転職サイト、エージェントに登録を行い、転職活動の準備もしておきましょう。

現在は民間にも数々の転職サイトやエージェント等の転職サービスがあります。
退職したら少し休む時間が欲しいなどの理由で、すぐ転職活動をするかは別としても、こういったサービスに登録をしているだけでいつでもスムーズに転職活動を始める事が出来るので、事前に準備をする事はとても重要です。

特にエージェントは、担当者が利用者と面談を行い、過去の職歴、性格など、希望などを綿密にヒアリングしてくれるので、客観的に自分の事を分析し、希望する仕事の提案してくれる事は勿論、エージェントは自社の評価を下げない為に、取引している登録企業の事を十分に調べ、可能な限りブラック企業を排除するように動いています。

ゼロとは言えませんが、ブラック企業を引き当てる可能性も低くなっており、非常に利用価値があります。

どれも無料で登録できるものなので、是非とも登録して自分の人生を有利に進めていきましょう。

あなたに合った職場は必ずあります。

この記事が見ている方の参考になれれば幸いです。