給与振込の遅れや未払いが遂に発覚!俺のブラック企業ランキングトップの会社5話


給与が支払われない!!?

どうも!転職・副業に1歩踏み出すブログ「フク業」管理人SOです。

僕は10回もの転職経験があり、ブラック企業もいくつか経験しています。
残業、理不尽な上司、パワハラ、色々な事がありましたが、その中でも断トツにブラッキーな企業を語るシリーズ。今日は第5話

シリーズははこちら

【1話】俺の入社したブラック企業ランキング。トップの飲食業が笑える位黒かった
【2話】担当外の仕事で地獄を見た、俺のブラック企業ランキングトップの会社
【3話】バカすぎるワンマン社長が借金踏み倒し未遂。俺のブラック企業ランキングトップの会社
【4話】電気代の支払いができない事で営業停止寸前。俺のブラック企業ランキングトップの会社
【5話】給与振込の遅れや未払いが遂に発覚!俺のブラック企業ランキングトップの会社
【6話】即退職、理由は上司が薬物・・俺のブラック企業ランキングトップの会社

ちなみに僕が遭遇したこの会社のブラック項目はこちら

  • 職種なんて無視!いきなり静岡まで車を運転させられその日のうちにトンボ返り
  • 即死必至!弁当配達デスマッチ
  • 買掛金をシカト、あげくに開き直る
  • 公共料金も滞納しまくり、会社の電気を強引に止められる
  • 裁判所からの通知のはがきがバンバンくる
  • 【今日のPICK UP!】給料が給料日に満額支払われない、分割払いの恐怖
  • 幹部が元シ〇ブ中

なかなかセンセーショナルな感じな項目もちょいちょいあるのではないでしょうかw

僕の経験したブラック企業ランキングトップの会社のエピソードも佳境に入ってきました。
前回は会社の資金難が起因する運営面についてのブラックな事件について書きましたが、今日はそんな資金難がついに社員に直接的な被害をもたらしてしまったことについて書こうかと。

では行ってみましょう。

 

給与支払い計画表という謎のファイル

さて、引き続き入社後、仕事にどんどん慣れていくと、次第に深い業務も任されるようになっていきます。

そんな業務のうち、かなり高い重要度を占めるのが社員の給与の振込です。
まぁ、入社して間もなく、非正社員でもない僕にそんな業務を任せる事自体が既にヤバい話なんですが、もう数々のブラックな出来事に遭遇しているので、この頃になるとそんな事は微塵も疑問に思わなくなりました。

 

 

給与の振込は毎月25日に行われます、そして給与の振込日がきたため、僕はレクチャーされた手順に沿って社員の給与を振り込みを始めようとしました。

業務の手順自体は簡単で作業としては、各社員の給与を支払いを管理しているファイルに記載された金額をそれぞれの口座に振り込むだけの操作自体は難しくない業務です。

 

 

手順通り業務を開始しはじめる僕、どれどれこのファイルを見ていけばいいんだな、とおもむろにエクセルのファイルを開く。

Aさんに振り込む金額は25万円。

しかし、ファイルに記載された25日の振込金額は15万円となっていました。

???

なにかの手違いでしょうか??ファイルを確認する僕。

すると、25日から10日先の日付の所に10万円との記載が!!!

えっ!!分割????

そうです、この会社、資金繰りが一日一日の売り上げから経費を調達していく自転車操業であるため、なんと給料日の25日に全員分の給与を満額支払えう事ができないんです。

今まで色んなブラックな場面に遭遇してきましたが、これが一番ビビりましたね。

 

 

一歩間違えたら給与未払いなんてことも発生しかねないじゃないですか!!!
その不安と懸念はこの後の出来事でより色濃く僕の脳裏に焼き付きました。

 

 

従業員が鬼のような形相で問い詰めてきた。

ちょっと自分の気持ちを落ち着けるべく、午前中は少しブレークダウンして頭の中を整理して振込は午後に行おうと、とりあえずは昼の休憩に張ります。

昼食はこの会社が飲食業である為、オフィスからごく近い店舗でまかないを貰う事ができます、会社唯一(?)の福利厚生。

 

 

僕はいつも通り店舗まで昼食を取りに行きましたが、店内の様子が明らかにいつもと違う。
みんな鬼のような形相で僕をにらみつけています。

ええ?なんなんだ????

すると店舗スタッフの1人が僕に向かって問い詰めてきました。

 

Bさん「〇〇さん、私の分の給与は今日ちゃんと支払われるんだよね??大丈夫だよね???」

Cさん「私の分もちゃんと頼みますよ、前みたいに払われないなんて事になったら、私もう明日から出勤しませんから!!」

 

どうやら不安は的中、この会社は社員の給与も未払いにしてきた過去があるみたいです。。。
普段は気さくで優しいスタッフさんたちがまるで別人、恐ろしい、、、恐ろしすぎる。

僕は、大丈夫ですと場をいさめ、午後に振り込みの業務を開始しました。

 

 

しかし支払い計画表を見ると、なんとBさんとCさんの振込は満額ではない。。。。

僕は意を決して社長に昼にあったことを伝えました。
すると社長は

 

「ああー・・・・わかった、あの二人は今月分全部振り込んどいて、そのかわりDの今日分の振り子を〇〇円に下げて支払ってね。」

 

えええーーーーーーーーーーーーー、誰かに給与支払うと誰かの分が払えなくなるの????

もうワケがわかりません。

 

 

計画通りに給与の支払いをした翌日、例に倣い昼食を店舗に取りに行くと、スタッフは前日の鬼の形相がまるでウソだったかのように穏やかな笑顔で出迎えてくれました。

 

 

そして程なくして一人の社員が退職する事になったのですが、その社員と二人で話す機会があったので理由をそれとなく聞いてみた所、やはり原因は給与の支払いにあるとの事。

僕は経理として給与を振り込む立場にある事なので敵に回ると危険だと思われたのか、きちんと満額支払われましたが(そもそも額が少ないというのも要因でしょうが。)

未払いがいつ発生するかはわかりませんし、現実そんな状況になる事も十分あり得ます。
この時、僕の中で会社辞めたい度数は90%を超えました。

 

 

さて、今日は僕の中の最強のブラック企業の実情のかなりコアな部分について紹介しました。
残業代が支払われない会社というのはかなり多くのブラック企業でありますが、給与が支払われないというのはなかなか稀なんじゃないでしょうか。

今思い返しても凄い所を引き当ててしまったなと思います。

しかし、こんなブラックの塊として言えないような企業に従業員たちはなんで辞めずに働いてるんでしょうかね。
疑問で仕方なかったのですが、この内容は次回の最大のサプライズな出来事で明らかになります。

このシリーズに書いただけでもブラックな部分は相当書きつくした感もありますが、それを凌駕するまさかのエピソードがありますw

マジで底なしや。。。

次回も参考までに、へ~~~~~的な感じで見て貰えたらと思います。

【6話】即退職、理由は上司が薬物・・俺のブラック企業ランキングトップの会社

そしてこんな会社に転職するのは本当に人生の無駄遣いです。
また、転職は「自己分析」「求人検索」「書類作成」「面談の対策」など、労力コストのかかる作業です。せっかくそんな労力を使って転職したのにブラック企業に当たり、また転職を繰り返すのは避けたいところ。

以下にホワイト企業を探す上のコツやポイントについて記事を載せますのでご興味があればぜひご拝読ください!

離職率の低いホワイト企業の探し方と特徴。求人情報で優良中小企業を見つけよう

離職率の低い優良中小企業の特徴。ホワイト企業の探し方を面接で判断

 

また、現在は民間にも数々の転職サイトやエージェント等のサービスがあります。
このようなサービスは複数登録した分だけチャンスの数も増えます

1つの求人サイトにめぼしい求人がなくとも、他のサイトにはたくさん掲載されている可能性もありますから。

増えすぎるのも情報の把握が大変になるのでバランスは大事ですが、自分で管理できる数までは複数登録しておくことをお勧めします。

 

特にエージェントは、担当者が利用者と面談を行い、過去の職歴、性格など、希望などを綿密にヒアリングしてくれるので、客観的に自分の事を分析し、希望する仕事の提案してくれる事は勿論、エージェントは自社の評価を下げない為に、取引している登録企業の事を十分に調べ、可能な限りブラック企業を排除するように動いています

 

ゼロとは言えませんが、ブラック企業を引き当てる可能性も低くなっており、非常に利用価値があります。

どれも無料で登録できるものなので、是非とも登録して自分の人生を有利に進めていきましょう。

あなたに合った職場は必ずあります。

この記事が見ている方の参考になれれば幸いです。

それではまた!