職場の人間関係・環境が合わないストレス!続けるか悩む時の唯一の判断基準


どうも!転職・副業に1歩踏み出すブログ「フク業」管理人SOです。

今いる職場の人間関係や労働環境が悪い事を辛く感じて職場が自分に合わないと思い、続けるか悩むことってありますよね。

その時、心の中では「辞めたい!!!」って気持ちが結構大きな割合を占めていると思うのですが、辞めようとすると「甘え」「根性が足りない」などの言葉がチラつき悶々としてしまう。

 

僕は10回と数多くの転職経験があり、同様の葛藤も幾度もしてきましたが、合わない職場を辞めて後悔したことは一つもありません。特段サラリーが凄く高いというような会社でなかった事も原因にあるのかもしれませんが・・

基本的に合わない職場は無理して耐える必要はなく、全然辞めていいしそれは甘えではないと思っています、

しかし一方で続ける事で得られるメリットがある場合もあります。

 

そこで今日は、合わないと思っている職場を続けるかどうか迷った時、今すぐ辞めるかどうかの判断基準について書いて行こうかと。

 

合わない職場はどちらにしろ辞めた方がいい。辞めるのは甘えじゃない。

合わない職場だと感じて辞める時、

 

ここで辞めるのは甘えだ、根性がないだけなんじゃないのか

 

こういった精神論が頭をよぎりがちになると思います。

 

しかし、勤めている所が

  • 膨大なサービス残業やパワハラが横行しているブラック企業
  • 人間関係がどうしようもなく合わないなど
  • 仕事が合わない

こんな労働環境による原因の場合は、精神論で続ける必要は一切ないと思います。

 

こういったケースでは原因は相手側にあり、ブラックな環境であるならば仕事ができるようになっても労働量は増える一方だし、人間関係が合わない場合は相性の問題なので、残念ながら自分で解決するといった類のものではありません。

 

決してあなたが甘えや根性ないという事はなく、全く無関係な問題なんですよね。

 

解決しない物に根性を持って続けたとしても、それは水脈のない場所で井戸を掘りあてるような物で、心身だけが擦り減っていく無理ゲーですし、持った所で何年も続かないでしょうし、そのロスした分の時間は戻りません。

最悪、続ける事でうつ病などにかかってしまったら、その後の人生すら棒に振ってしまいかねません。

耐える事で賞金10億円でも出る事がわかればまだ価値もあるかもしれませんが、そんな事は決してないですからね。

 

 

また、仕事が合わず辛いと感じている場合も、ある程度の所で見切りはつけた方がよいでしょう。
仕事は「得意な事」「好きな事」を基準に選ぶ方が絶対に長続きしますからね。

仕事選びの参考はこちらをぞうぞ
仕事でミスが続くし無能すぎて辛い。貴方は悪くない理由と俺の転職談

 

仕事を続けるかの基準は将来に+の経験が積める

というワケで、合わない職場を辞める事は甘えではないのですぐに辞めても構わないとは思います。

しかし、合わないと感じてる職場でも続ける場合は、今の職場で

職歴所に書けるスキル、自分の将来に役立つスキル

など、将来に向かって自分が有利な立場をとる事ができるが現状で身に着けられるかどうかで判断すると良いと思います。

 

僕はウェブ・グラフィックデザイナー等、物を作る仕事をしていますが、過去に一度だけ進行管理やWEBディレクターといったマネジメントよりの業務を経験した事があります。

自分の適性は黙々と物を作る作業に向いている方なので、正直様々な所に目配せして仕事を取り持つマネジメント業務は向いてしないし嫌いです。

 

しかも、この時は入社時の話と食い違う形で担当させられましたし、職場の雰囲気も自分にとってはとても相性が悪かった。

そんないきさつからすぐに辞めたいと思いましたが、同時にここでのディレクション経験がデザイナーとしての自分のキャリアを強化できる可能性もあると思い、退職を思いとどまりました。

結果的には一年半ほど続け、最後までディレクション業務も職場の環境も嫌いでしょうがなかったのですが、そこの業務経験を培ったおかげで、

  • ディレクションもできるデザイナーとして市場価値があがった
  • 個人で仕事を行う際に、仕事の回し方をスムーズに行えるようになった

結果的にはこんなメリットを享受し、未来の進む未来に向けて武器が増えました。
今でも二度と戻りたくないと思う職場でしたが、意味はあったと思ってます。

 

終わりに、精神論より具体的スキルを伸ばせるかで続けるか判断し、転職に向けた準備をしよう

というワケで、今日は合わない職場で働いていた場合、続けるかどうかの判断基準について書いていきました。

もしも職場が合わないと感じても、自分の未来に対して武器が増えると確信できる要素があるならば、唯一その場合は続けても良いのかなと思います。

続ける場合は、精神論 ではなく 具体的なスキルを伸ばせるかどうかですね。

 

もし前者であれば場合はすぐに転職する事をお勧めします、合わない職場で身に就くスキルもないならば時間の無駄ですし、辞める事に対して甘えや根性を顧みる事ができるような人は間違いなく真面目な人なので、ハマる職場に入れば気持ちよく仕事を続ける事ができます。

また、後者であればある程度の期間や具体的目標を決めて、転職を有利な形で迎えるために少し頑張ってみるのもありだと思います。

 

転職は「自己分析」「求人検索」「書類作成」「面談の対策」など、労力コストのかかる作業です。せっかくそんな労力を使って転職したのにブラック企業に当たり、また転職を繰り返すのは避けたいところですよね。

以下に、僕が過去に書いた優良企業の調べ方についても記載しておきます。
離職率の低いホワイト企業の探し方と特徴。求人情報で優良中小企業を見つけよう

離職率の低い優良中小企業の特徴。ホワイト企業の探し方を面接で判断

 

 

また現在は民間にも数々の転職サイトやエージェント等の転職サービスがあります。
いますぐ転職するかは別としても、こういったサービスに登録をしているだけでいつでもスムーズに転職活動を始める事が出来るので、事前に準備をする事はとても重要です。

特にエージェントは、担当者が利用者と面談を行い、過去の職歴、性格など、希望などを綿密にヒアリングしてくれるので、客観的に自分の事を分析し、希望する職種は勿論、自分では考えがつかなかった適職などの提案も行ってくれるので、非常に利用価値がありますし、エージェント会社は自社の評価を下げない為に、取引している登録企業の事を十分に調べ、可能な限りブラック企業を排除するように動いています。

なので、ゼロとは言えませんが、
ブラック企業を引き当てる可能性も低くなっており、非常に利用価値があります。

 

このような準備が心の余裕も生み、心の余裕は良い転職活動をする好循環を生み、結果良い転職につながりやすくなります。

できればエージェント登録は理想ではありますが、少なくとも転職サイトの登録くらいは済ませ、何が起きても対応しやすいような準備をしておくことをお勧めします!

どちらも無料ですしね。

あなたに合った会社は必ず見つかります。
この記事が見ている方の参考になれれば幸いです。

ではまた!