圧迫面接の対応と仕返し/復讐方法。不採用上等でケンカしに行こう!


どうも!転職・副業に1歩踏み出すブログ「フク業」管理人SOです。

転職の面接でたまにあるのが圧迫面接。
本来は面接とは対等の立場であるはずなんですが、上から目線で高圧的で意地の悪い質問でとても嫌な気分になりますよね。

こういった会社には入らないのがベストなんですが、面接を受ける場合、ただやられっぱなしなのもシャクです。

そんなワケで今日は圧迫面接への仕返しや復讐の対応方法について書こうかと思います!

 

マインドセット1.圧迫面接する会社はロクでもないから不採用なんて気にしない心構えで望もう

さて、いきなり本末転倒な感じでアレですが、大前提としてこんな圧迫面接をする会社はロクなもんじゃありません。

この理由に関しては別記事にも書いたのですが
圧迫面接する会社は仕返し、復讐の不利益も考慮出来ない無能。辞退せよ!

高圧的な態度を取る事でしか社員をコントロールできない会社は、入社したとしてもパワハラが横行し、常にストレスと隣り合わせで働かなければならない可能性が高いです。
また、面接時点でまだお客様である志望者に対してこのような態度を取る会社は、対外的な対応も得てして強引・雑だったりします。

 

また、圧迫面接をする企業の意図としては、「ストレス耐性」「志望の熱意」「対応力」の3つを見ていると言われています。

どれも最もらしい項目に見えますが、言い換えると

会社がどんなひどい扱いをしても忠誠心を持って精力的に働く下僕になり得るかどうかのテスト。

社畜にする気満々なんですよね、企業は。

 

圧迫面接をする会社はこんな体質の会社ですので、心身ともに健やかに働きたいと思うならば、リスクを避けるためにも基本的には辞退する事をお勧めします。

というワケで、心構えとしては、基本的には辞退した方が良いような会社なので、こちらもどんな事を言っても構わないというようなスタンスで弱気にならずに対応していきましょう。

これが圧迫面接に臨む時のマインドセットです。

 

ケースバイケースでタメ口もOK,基本は自身を持ったでかい声で対応

まず、圧迫面接で必要なのは、できるだけデカイ声で堂々と喋る、場合によっては多少タメ口も織り交ぜて話す事も全然ありです。

質問に対して多少的外れな意見をしてしまったとしても問題ありません。

こういった圧迫面接は企業がマウントを取りたいだけなので、大事なのはこっちがなめられない事です。

 

 

学校に例えてみましょう、クラスのいじめっ子もケンカに対して食ってかかってくつようなヤツをわざわざいじめの対象には選びません。

やられるのはいじめられても反撃もせずにヘラヘラ笑っているような人です。

 

 

これと同様に、こんな会社が社畜として扱いたい社員像は真面目でおとなしめの何でもいう事を聞くイエスマンです。こういう社員の方が、会社側はマウントを取りやすく、費用を抑えて劣悪な環境で働かせやすいですからね。

そうならないように最初の時点で屈しないという態度を取る事が大事です。

こんな相手の思う社員像になる事はありません。

 

 

また、そういった態度をとりながらも、気に入ってくれるような会社は本当に心のある人間像のある人を欲している可能性もあるので意外とちゃんとしていたりします。

このような態度で臨むことはそういった試金石にもなるので、強気で臨むスタンスはデメリットがありません。

 

 

こちらから逆質問をガンガンしてみる。

圧迫質問に対して堂々とした態度望んだら、次は仕返しにガンガンこちらからも逆質問をしていきましょう!攻撃は最大の防御ですw

こちらから質問をしている間は向こうが答えなければならないので、こっちが有利なターン。
この時間を長くして段々と形成を逆転しにいきましょう、面接はお互いがお互いを見る場所なので向こうからの質問を待つだけではなくて全然いいのです。

なんだかスポーツっぽくなってきましたがw

 

質問は、真面目な質問、適当な質問、どちらも同じ分量くらいでどんどん質問しましょう。

 

 

「私の部署の構成は何名ですか?」

「年齢構成はどれくらいですか?」

「まずはどのような業務がメインになっていきますか?」

「昼休みは社員はどのようにしていますか?」

「〇〇と業務をお見受けしましたが、〇〇のような事は行いますか?」

「近くに美味い飯屋はありますか?」

「スポーツ好きな社員はいますか?」

「貴方はこの会社にどのようなやりがいを感じて働いていますか?」

 

 

もう、こっちた面接官だと言わんばかりに攻勢をしかけましょう。

 

こんな質問を投げかけるのは圧迫面接を止めるだけでなく、相手の面接官の対応を見て自分に合う会社か判断する事にも有効です。

質問に対して向こうがさも煙たそうにしているならば、やはり合わないなという確認がとれますし、キチンと答えてくれるような面接官であれば、もしかしたら風通しの良く話のできる職場の可能性もありますからね。

 

不採用になっても最悪自信はつくからガンガン行け!

というワケで今日は圧迫面接に対する対応方法について書いていきました。

コツとしては落ちる事を恐れず、強気にこちらから攻勢に出まくる事。
圧迫面接対策は基本的にすべてこれです。

 

 

こちらから攻勢に出る対応をする事によって、こちらは合う会社なのかを図る事もできますし、本当に陰険で嫌な会社だったら、この会社の商品を買わない、口コミサイトにこの会社の悪評の事実をガッツリ書いて復讐するなんて事もできますからね。

あ、復讐と言っても事実以上の事は書いちゃダメですよ、訴えられますからw

 

 

また、なにより圧迫面接に対して堂々と戦いきった事は大きな経験となります。
先々にやってくる面接でリラックスして臨むことができるでしょう。

このような副次的なメリットも得られる事もできるので、もし圧迫面接にあった場合は、負けずにケンカのつもりで戦ってみる事をお勧めします。

 

とはいえ、また、転職は「自己分析」「求人検索」「書類作成」「面談の対策」など、労力コストのかかる作業です。

せっかくそんな労力を使って転職するならば、面接もできるだけホワイトな所に当たりたいですよね。

以下に、僕が過去に書いたホワイトな優良企業の調べ方についても記載しておきます。

離職率の低いホワイト企業の探し方と特徴。求人情報で優良中小企業を見つけよう

離職率の低い優良中小企業の特徴。ホワイト企業の探し方を面接で判断

 

 

また、現在は民間にも数々の転職サイトやエージェント等のサービスがあります。
このようなサービスは複数登録した分だけチャンスの数も増えます

1つの求人サイトにめぼしい求人がなくとも、他のサイトにはたくさん掲載されている可能性もありますから。

増えすぎるのも情報の把握が大変になるのでバランスは大事ですが、自分で管理できる数までは複数登録しておくことをお勧めします。

 

特にエージェントは、担当者が利用者と面談を行い、過去の職歴、性格など、希望などを綿密にヒアリングしてくれるので、客観的に自分の事を分析し、希望する仕事の提案してくれる事は勿論、エージェントは自社の評価を下げない為に、取引している登録企業の事を十分に調べ、可能な限りブラック企業を排除するように動いています

 

ゼロとは言えませんが、ブラック企業を引き当てる可能性も低くなっており、非常に利用価値があります。

どれも無料で登録できるものなので、是非とも登録して自分の人生を有利に進めていきましょう。

あなたに合った職場は必ずあります。

この記事が見ている方の参考になれれば幸いです。

それではまた!