ハローワーク求人でブラック企業の見分け方と転職に狙い目の会社


どうも!転職・副業に一歩踏み出せるブログ・フク業の管理人SOです。

以前に当ブログでも書いたことがありますが、ハローワークの求人というと以下のような背景より、

  • 求人を0円で出せるので、企業が人材採用に真剣ではない
  • 求人に対する労基の審査が緩い

 

ブラック企業が集まりがちと言われています。

とはいえハローワークが膨大な数の案件があり、その中に優良な求人を抱えているのも確かです。

本日はハローワークでブラック企業を避けるための見分け方や、ねらい目の求人について書こうかと思います。

 

ハローワークの担当窓口や求人票から判別できること

では、まずはハローワークの窓口や求人票で判断できる事を書いていきますね。

 

ハロワの担当者から過去の採用の履歴、募集期間などの情報を聴く

これはハローワークの職業相談のコーナーで、ハロワの職員から実際に話を聞く方法ですね。
ハローワークには求人案件の過去の情報が格納されており、

  • 過去の採用の履歴
  • 募集している期間

などが、判別の材料になります。

過去の採用の履歴であれば、過去にそこで採用された人が何人いたか、年齢や性別、在籍の期間、運が良ければ退職の理由まで知る事が出来ます。

また、企業がどの程度の期間募集しているのかが分かるので、上記2つの状況を組み合わせ

在籍の期間が短い=人がすぐやめる

募集の期間が長すぎる=人の出入りが激しい

など、色々判別の種にする事が出来ます。

なお、職安に情報を教えてくれる親切な人もいれば、そうでもない人もいるので、相性の良い職員がいたら仲良くなっておきましょう。

 

完全週休2日制を導入しているか

一見細かく見落としがちですが、「週休2日制」というのは、月に一回でも土日休みがあれば求人票に書けてしまいます。
毎週が休みでないと記載できない「完全週休2日制」と書かれているかどうかを見てみましょう。

 

給与範囲が広い

給与は年齢や経験によってそれぞれ決まってきますが、提示額があまりに幅が広すぎると、高給をチラつかせておいて、実は提示額の最低賃金で働かせるような採用をするブラック企業の可能性が高いです。

仮にそのような会社の面接を受けるならば、その職種の平均的な給与の基準を知って、こちらから敢えて突っ込んでみるのもアリでしょう。

 

大量募集、年齢不問なのに募集のハードルが低すぎる

このように採用の募集幅が広く、誰でも受け入れる会社は、仕事探しに困っている人からすれば、就職しやすいように見受けられるためパッと見よさげに見えますが

その実は無茶で理不尽な労働をさせてみて、残った人だけ残すというような採用の仕方をしている可能性があります。職種にもよりますが、不自然に採用の幅が広い場合は要注意です。

 

求人票以外でわかる事

求人票でもある程度、判断材料を拾う事はできますが、下記の事も行ってブラック企業かどうかの見分け方をより詳細に行う事が出来ます。

どれもそんなに難しい作業ではないので、可能な範囲できる事はやっておきましょう。

 

HPを見る

会社のHPを見る事も判断できる材料になります。
事業内容や取引先などの会社の詳細をより詳しく調べる事ができますし、HPを見るだけでも雰囲気の一端はつかめると思います。

 

【HPを見る時のポイントとしては】

  • HPが古いものでないか。
  • リンク切れを起こしていないか。
  • 怪しくないか
  • 社長のあいさつ、企業理念などが共感できるかどうか

 

こんな所でも判断できると思います。

 

営業時間内と営業時間外に電話をする

企業に電話をしてみるだけでも意外と有力な情報がつかめたりします。
電話口に出た応対の良し悪しで感じる印象は結構当たっていると思います。

社員の応対がぶっきらぼうだったり、言葉遣いがしっかりしていない会社はブラックです。
また、電話に出るまでにやたらコールが長い所も要注意です。

僕はずっと内勤だったので、色んな会社の電話応対をずっと見てきた事もあり、余計そう思います。

また、残業が向上的に行われている会社かを調べるために営業時間外の夜にも何回か電話をかけてみましょう。

 

口コミサイトを見てみる

今ではキャリコネや転職会議など、過去にその会社で勤務した経験のある社員がリアルに会社の口コミを書いている転職情報サイトがあります。

僕も結構使っていますが、このサイトは利用する為に在籍した会社の口コミをかかなければならず、生の評判を集めれるシステムとなっている為、かなり口コミの精度は結構高いと思います。

ウォーカーズ転職会議キャリコネの3つは押さえておくと良いと思います。

 

以上の材料から狙い目の企業を見つけていこう!

ブラック企業の多いハローワークの求人ですが、ブラック企業を判別する材料は結構あります。
上記のような手法を用いれば、かなりブラック企業を見分ける事が出来ると思います。

また、僕が思う狙い目の企業としては、これまでに示した手法で抽出した企業で、さらにインターネットの求人を出していない会社であれば競争率もグンと減る為、かなり美味しい求人の可能性があります。

インターネットでも応募したい会社が募集をかけていないかもチェックしておきましょう。

 

転職サイトやエージェントにも登録しておこう

今日はハローワークでのブラック企業の求人の見分け方を書いてきましたが、転職活動をしているならば、民間の転職サイトや転職エージェントにも忘れずに登録しましょう・

転職サービス等に登録している企業は、きちんとお金を出して求人活動も行っていますし、転職サービス企業も自社の実績に傷をつけたくないため、取引先がブラック企業ではないかを入念に調べて取引をする企業も増えてきています。

利用者も、スマホやパソコンがあればその場でいつでも求人検索ができますし、エージェントに登録しておけば、担当エージェントが勝手に自分に合いそうな求人を探してきてくれます。

ブラックな所も0とは言えませんが、ハローワークの求人よりも質・量とも高い物が多く存在しています。

登録も10分あればできますし、ハローワークにわざわざ出向く方がよっぽど労力です。
転職活動にはネットから転職サービスを活用して、よりよい転職活動を行っていきましょう!