デザイナーで残業のない/少ない職場を見つけるコツ、インハウスデザイナーや派遣はお勧め


どーも、残業がこの世で一番嫌いなフク業・管理人のSOです。

僕は新卒からキャリアの殆どをデザイナーとして働いてきました。

デザイン業界というと一般的に残業が多い業界として知られています。
しかしそんな世界に飛び込んでおきながら矛盾しているんですが、僕は趣味人間で自分の時間を持ちたいのでは残業がこの世で一番嫌いです。

そんな事から、僕は今まで転職活動で求人を選ぶ上で、その職場の残業が少ないかどうかをポイントに探してきました。

過去に働いた職場では死ぬほど残業のある所もあったのですが、反面、デザイン業界でも残業の少ない職場も確実にありました

そんな僕の転職経験からデザイン業界でも残業のない/少ない職場の会社探しのコツをお伝えしたいと思います。

 

残業が少ない会社を狙うなら制作プロダクションや広告代理店はおススメしない

大きくひとくくりにデザイン業界と言われますが、その中でも会社の業態によって残業の大小は大きく異なる傾向があります。

その中で残業が多くなりがちな職場は、いわゆるデザイン事務所や広告代理店など、下請けの制作プロダクションに多い傾向があります。

 

それは何故かというと

下請けで業務を行う形態をとっている制作会社はクライアントありきで仕事を進めなければならないからです。

プロダクションは下請けである以上、クライアントの設定した納期が絶対なので、その期日ま

でに必ず成果物を提出しなければなりません。

 

どれだけ案件が重なって仕事がパツパツになっても、緊急の事態が発生したとしても、クライアントには関係ありません。
どんなにミッション遂行が困難な状況でも徹夜も覚悟で期日を守らなければなりません。

 

クライアントが納期交渉に柔軟に対応してくれるパターンもありますが、それは稀です。
それにプロダクション側も納期交渉をしてしまうと信用度が低下し、他の会社に仕事を取られる恐れもあるのでデメリットが大きく、基本的には納期を変える事はしない場合が殆どです。

また、ひねくれたクライアントになると、納期直前の今までの打合せとは全く異なるデザイン案の提出を求められたりもします。(この場合は納期交渉の余地も多少は広がりますけどね)

 

以上の要素から、残業をしなければならないよう要素が多いんですよね。

なので、残業の少ない会社に入りたければ上記のような下請業者で働くのはあまりお勧めできません。

 

自社開発のメーカーやブランドなどは比較的残業が少ない傾向にある

翻って残業が少ない傾向にあるのは、メーカー等の、自社で開発を行っている一般企業などのデザイナーです。(インハウスデザイナーとも呼びます)

 

このような会社のデザイナーは、企業のコーポレートサイトの制作や運用、社内関連の販促物など、自社の事業に関する制作物を作る事が主な業務となります。

 

この様な形態では、制作プロダクション等の下請け業者と事なり、自社で商品やサービスを開発している為、ある程度余裕を持たせた納期を設定される場合も多く、納期までの提出が困難になった場合でも納期交渉をする相手が社内の人間なので、クライアントに交渉を行うよりもずっと交渉の余地が広がります。

 

ちなみに僕は2社でインハウスデザイナーとして勤務した事がありますが、どちらも残業は20時間もありませんでしたし、定時で帰れる事も多かったです。

 

行う作業自体は下請けの時ともそんなに変わらないのですがね、業態によって格段の違いがあります。

 

派遣社員として働くなら残業はほぼ自由に決められる

もう一つは、派遣社員などの秘跡雇用として勤務する場合です。

派遣社員の直接雇用の正社員とは異なり、派遣先が予め決めた業務内のでの範囲に限定して働く働き方となので、派遣先側も残業に関しても求人に残業時間も明確に規定され、働き手が自分に適した残業時間を選んで働く事が出来ます。

 

派遣社員は直接雇用ではなく、派遣先にとってはあくまで外注経費として考えている為、規定以上の残業は経費がかさむことにつながる為、派遣先も残業をあまりさせないように考えている所も多いです。

 

非正規雇用なので正社員と比べてデメリットもありますが、正しい使い方をすればメリットのある働き方が可能になります。

こちらもどうぞ
派遣社員の働き方はメリットも多大!経験者が活用法とデメリットを語る

 

ECサイト運営などもアリかも

次にECサイトを運営しているような形態の職場。
ECサイト運営は、キャンペーン等の大きなイベント時、サイトの大幅な回収、1度に多くの新規商品の仕入れなど、スポットスポットでは残業が多くなりがちですが、基本的には日々の運用の流れがある程度決まっているため、残業もある程度抑えられたり、繁忙期が読みやすく意外とワークライフバランスが取りやすい所が多いように見受けました。

 

以上、今日はデザイナーで残業の少ない会社を見つけるコツについて書きました。
一般的に残業が多いとされるデザイン業界ではありますが、会社の事業形態によっては残業の少ない会社に入る事も十分可能です。

 

その為には、できるだけ多くの求人情報を手に入れる事が一番重要な要素になります。
今では転職サイトや求職者に対して手厚いサポートを行ってくれる民間のエージェントサービスが沢山あります。

そのようなサービスを活用して、多くの選択肢を要ししてより良い就職活動を行うための準備をしっかりする事をお勧めします。

それでは!